ラグビーの五郎丸選手が自民党の式典に参加、仕掛人はラグビー界のドン・森喜朗? 特定政党肩入れに批判の声が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
goroumarumori_151217_top.jpg
上・石川2区選出 元衆議院議員 自由民主党 森 喜朗 公式ウェブより/下・五郎丸歩 公式ブログより


 ラグビーワールドカップの劇的勝利以降、大フィーバーを巻き起こしているのが五郎丸歩選手だ。帰国後もテレビや雑誌、イベント参加など大忙し。トレードマークとなった「五郎丸ポーズ」が流行語大賞にノミネートされ、記念切手やノートなどまで発売されるなど、その人気はとどまるところを知らない。

 ところがそんな五郎丸選手に対し、ある懸念が噴出する出来事が起こった。それが政治、いやずばり自民党との接近だ。

 11月29日に行われた自民党立党60周年記念式典に、五郎丸選手がサプライズゲストとして登場、スピーチを行った上、満面の笑顔で壇上に上がった安倍首相に手を取られる形で両手を高々と掲げるなどのパフォーマンスを行ったのだ。五郎丸選手はワールドカップから帰国後、首相官邸へ表敬訪問に訪れているが、今回は自民党という“一政党の式典”への個人的出席だけに、様々な疑念、批判が巻き起こった。

「突然脚光を浴びた五郎丸だが、有名になった途端に政治家へ転身!?」「将来自民党から出馬か!?」「そんな陳腐な上昇志向の持ち主だったのか」「政治家にしっぽふるなんて五郎丸にはがっかりした」

 一政党への不用意と思える接近に対しては当然の反応だが、しかし今回、五郎丸選手が自民党の式典に出席した背景には、ある人物の介入があったとの情報が流れている。それは日本ラグビーフットボール協会名誉会長でもある森喜朗元首相だ。

「これまでラグビー選手だけでなく多くの現役アスリートは色をつくことを警戒し、政治との関わりをできるだけ避けてきました。今回も、五郎丸選手はトップリーグのシーズンに突入したばかりだったため、一旦は多忙を理由に断ったようです。ところが、森元首相がそこに介入してきてかなり強引に式典出席を要請したらしい。森さんに依頼したのは安倍首相じゃないかといわれています」(政治部記者)

 森元首相は協会の名誉会長というラグビー界の重鎮としてだけでなく、五郎丸選手にとっては早稲田大学ラグビー部の大先輩にあたる。また2019年のラグビーワールドカップ日本開催の利権を一手に握り、大きな影響力を持つ人物だけに、断ることは困難だったのだろう。そのため、五郎丸選手の出席が現実となり、マスコミもこれを大きく伝えた。森元首相にとってはしてやったりだろうが、しかし、五郎丸選手は来年からオーストラリアリーグの「スーパーラグビー(SR)」のレッズでプレーすることが決まっていることもあり、当面の政界進出など現実的にはあり得ない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ラグビーの五郎丸選手が自民党の式典に参加、仕掛人はラグビー界のドン・森喜朗? 特定政党肩入れに批判の声がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アスリート伊勢崎馨自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
2 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
3 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
4 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
5 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
6 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
7 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
10 須藤凜々花の消された暴露トーク
11 卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
12 水道橋博士が安倍首相批判で大炎上!
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
15 グッディ!土田マジギレ真の原因
16 沖縄に大量の核兵器が配備されていた
17 水原希子が靖国神社にNO!
18 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
19 水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
20 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
4安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5官製映画会社が22億円の公金をドブに
6卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
7青山繁晴「今週、戦争が始まる」と錯乱
8財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
9歴史教科書圧力問題の背後に日本会議
10トランプが安倍に武器を押し売り
11 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
12 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
13西村京太郎「日本に現代戦は無理」
14安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
15NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
16ウーマン村本の反戦に上念がトンデモ説教
17原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
18沖縄に大量の核兵器が配備されていた
19安倍自民党はデマ拡散議員だらけ
20再審却下の飯塚事件に冤罪の新証拠が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」