KAT-TUN田口“花見”にジュリーが激怒! ジャニーズ“別れさせ工作”の恐るべき実態とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
taguchi_151130_top.jpg
国分結婚の際にジャニー喜多川社長が出したコメントとは裏腹に、ジャニーズ事務所にはやはり結婚に関する「鉄の掟」が存在した。

 いまだに様々な憶測をよんでいるKAT-TUN・田口淳之介のグループ脱退。本サイトでは背景にジャニーズの“結婚の掟”があることを指摘した。最近はタレントの結婚に寛容になったかに見えるジャニーズだが、結婚するとファンや売り上げがどれだけ減るかという数字を突きつけたり、仕事を干したり、と結婚を思いとどまらせるために直接的にも間接的にも様々なプレッシャーをかけるというものだ。

 今週の「週刊文春」(文藝春秋)12月10日号でも、ジャニーズ事務所がいかにタレントの交際や結婚を妨害しているかを裏付ける記事が掲載された。「ジャニーズ激震カトゥーン“田口の乱”」と題された特集には、今回の田口脱退の裏には田口の結婚問題、そして交際相手の年上女優・小嶺麗奈の存在がカギだったとして、その内情が描かれている。

「小嶺との交際報道が出るたび、田口は別れるように言われても頑に拒み続けてきました」
「これまで田口は事務所に対し、交際の事実すら認めず、事務所に不信感を募らせていました」(芸能プロ関係者のコメント、「週刊文春」より)

 以前から、ジャニーズサイドは田口に対し「小嶺とは別れろ」と再三説得してきたが、田口がそれを拒否し両者の間に不協和音が生じていたというのだ。さらに決裂を決定づける事件が起こった。それが今年4月の「女性自身」(光文社)田口熱愛報道だったという。

「決定打が春の“花見報道”だった。手塩にかけて育ててきた事務所の副社長、藤岡ジュリー景子さんも『もう好きにしなさい』と匙を投げたそうです」(「週刊文春」より)

 問題の「花見報道」とは、「KAT-TUN田口淳之介 花見デートも恋人の母“同伴”交際8年決意の『マスオさん同棲!』」と題された「女性自身」15年4月21日号の記事だ。

「女性自身」の記事は田口と小嶺が既に同棲しており、しかも小嶺の母親も同居しているという驚きのスクープで、「マスオさん同棲」を裏づけるように田口と小嶺、小嶺の母親が3人仲良くお花見をしている写真を掲載したのだ。「週刊文春」によれば、この報道が事務所側のさらなる怒り呼んだのだという。
 

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

KAT-TUN田口“花見”にジュリーが激怒! ジャニーズ“別れさせ工作”の恐るべき実態とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
11 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画