小室哲哉、五輪エンブレムパクリ騒動を斬る! サノケンが批判された本当の理由は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
komuro_151023_top.jpg
TETSUYA KOMURO official websiteより


 佐野研二郎氏のエンブレム白紙撤回後、先日は、「閉鎖的だった選考過程を見直すため、今回はデザインコンクールの受賞歴も問わず、子どもにも門戸を開く」といった趣旨を含んだ応募要項が大会組織委員会から発表されるなど、一応は歩を進め始めた、2020年東京オリンピック・パラリンピックエンブレム問題。

「パクリ」とはなんなのか? 国民的な議論を巻き起こした今回の問題だが、今回の騒動が起きた直後より、「アーティスト」としての立場から議論の争点について盛んに発言してきたミュージシャンがいる。ご存知、小室哲哉だ。

 彼は騒動が起きた直後、8月18日の時点で以下のようなつぶやきをツイッターに投稿。1200近くリツイートされている。

〈オリンピックのエンブレム。音楽とは全く異なるけれど、僕も、僕にも音楽家たちは何の、どこにインスパイアされたと明確に言及する事は多い。芸術は感化の積み重ね。突然、無からやって来る事はあり得ない。ルーツを話してあげれば、もう少し皆んな納得がいくんじゃないかな〜〉

 デザインと音楽、ジャンルは違えど、自身も「創作」に関わるプレイヤーの立場から発された意見は大きな反響を呼んだ。しかし、ツイッターの限られた文字数では彼の言いたかったことは言い切れていないという。「ローリングストーン日本版」11月号(セブン&アイ出版)に掲載された彼のインタビューを読みながら、「芸術」と「模倣」の関係性について改めて考え直してみたい。

 まず、小室は先ほど紹介したツイートにて〈芸術は感化の積み重ね〉という言葉で表現した考えについて、こう補足する。

〈音楽とデザインはアートとしては種類が違うということを大前提に、音楽家も必ず絶対に何かにインスパイアされたり影響を受けていたりしている。幼少の頃から見聞きしてきたいろいろなものが頭の中で整理されて、何かの形になって生まれていくんです。突然変異のように急に出てくることは100%有り得ないですよね。影響を受けたものから自分のオリジナルを作るのは当たり前のことだろう、と〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ローリングストーン日本版 (定期購読)

  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ
新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 辻元清美の“スパイ”作業員が否定証言
2 青山繁晴が森友問題で晒した嘘と醜態!
3 山本太郎が安倍のインチキを暴いた!
4 池上彰が政権のテレビへの圧力を明言
5 政府が隠していた籠池手紙の中身が判明
6 視聴者の会がNEWS加藤シゲアキを攻撃
7 核禁止条約に不参加に! 渡辺謙が批判
8 松本人志、森友スルーの裏に大阪万博
9 官邸、山口敬之がネトウヨ妄想に丸乗り
10 安倍が木村草太嫌がり報ステ出演中止
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
13 橋下徹が籠池証人喚問以来、完全沈黙
14 マツコが“忘れられない男”と首都高で
15 昭恵夫人が籠池妻に小川榮太郎を紹介
16 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
17 安倍の側近・北村内閣情報官の危険思想
18 渡辺謙が核軍縮に反対の安倍政権を批判
19 ECDの妻が明かした夫のがん闘病
20 百田など森友学園大好き文化人の醜態
PR
PR
1政府が隠していた籠池手紙の中身が判明
22枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
3 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
4安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
5 核禁止条約に不参加に! 渡辺謙が批判
6安倍100万円振込票と長女の目撃証言
7橋下徹が籠池証人喚問以来、完全沈黙
8迫田、松井、昭恵も証人喚問せよ
9安倍応援団の情報操作に騙されるな!
10官邸、山口敬之がネトウヨ妄想に丸乗り
11籠池証人喚問で自民党議員の質問に唖然
12昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
13辻元清美の“スパイ”作業員が否定証言
14田崎が“籠池が稲田にセクハラ”の噂を
15稲田夫が籠池と財務局との交渉に同席
16青山繁晴が森友問題で晒した嘘と醜態!
17籠池の依頼で昭恵夫人が口利きか
18松井知事が森友認可前に私学課に圧力?
19国税の税務調査を使った報道への圧力
20橋下後援会長の息子と籠池と元在特会
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」