>  >  > 小泉今日子はなぜ「劣化」しないのか

小泉今日子はなぜ「劣化」しないのか? 「変化する力」「プロデューサー目線」を育んだ母親との歪な愛のかたち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
koizumi_151022_top.jpg
小泉今日子オフィシャルサイトより


 ソフトバンクの新CMで、大人になり会員制のバーを営むセーラームーンを演じ話題となっている小泉今日子。近年では『あまちゃん』(NHK)での主人公・天野アキの母親・春子役がとみに印象的だが、その他にも、映画・ドラマ・CMへの出演は途切れず、10月23日には「読売新聞」の読書委員を務めていた彼女の書評をまとめた『小泉今日子書評集』(中央公論新社)も発売されたばかり。1982年のデビュー以来目立った停滞期間もなく芸能界の第一線で活躍し続け、49歳の今でもさらに魅力を増し続ける彼女にはいったいどんな秘密があるのか? 最近出版された、助川幸逸郎『小泉今日子はなぜいつも旬なのか』(朝日新聞出版)を読みながら、その謎に迫ってみたい。

 彼女が成功し続けている秘密。助川氏はそれを「変化する力」という言葉で表現する。確かに、小泉今日子は、正統派アイドルとしてデビューしほどほどの人気を得た後、髪をショートカットに変えエッジの効いたキャラへのイメチェンで時の人に。そこから近田春夫、川勝正幸らをブレーンにアイドルの枠を飛び越えた良質な作品をつくりだす「オシャレ系アーティスト」になり、そして、本格的な女優へ……。彼女の長いキャリアを振り返ってみれば、そこにはいくつもの変化があった。

 自分の「キャラ」に固執せず、次々と変化し、そしてそれが痛い失敗につながらない。それは、彼女の「「自分を見つめる目」の確かさ」によるものだと助川氏は分析している。たとえば、秋元康作詞による彼女の代表曲「なんてったってアイドル」に関して、小泉自身こう語っていたという。

〈みなさんがよく私の代表曲に挙げてくださる「なんてったってアイドル」なんて本当に歌うのがイヤでしたから。「またオトナが悪ふざけしてるよ」って(笑)〉
〈客観的に見て「この曲を歌えるのは私だけだろう」っていう自信はあったし、そういう周囲の期待を感じてはいた〉(「日本経済新聞電子版」2012年4月2日)

 また、ハウスミュージックをアイドルポップスに取り入れた、小泉本人と近田春夫共同プロデュースによる1989年リリースの画期的なアルバム『KOIZUMI IN THE HOUSE』に関しても、こう語っていた。

この記事に関する本・雑誌

小泉今日子はなぜいつも旬なのか (朝日新書)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
2 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
3 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
4 あの産経が「南京虐殺40万人」と報道
5 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
8 松本人志の大手事務所タブー批判に違和
9 SMAP最後の日に中居と木村が
10 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
11 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
12 キムタク最大のタブーとは?
13 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
14 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
15 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
16 トランプ以前から米は日本を守る気ない
17 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
18 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
19 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
20 グッディ!土田マジギレ真の原因
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6安倍政権が“国策映画”計画へ
7DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
8今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
9SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
10メリルストリープの指摘は日本のことだ
11慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
12片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
13『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
14アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
15宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
18保護なめんなジャンパーは氷山の一角
19安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
20是枝監督「映画が日本に利用されてる」
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」