謝罪会見でも後援会任せの発言連発! 小渕優子はやっぱり何も考えていない“お姫さま”だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
obuchiyuko_01_140909.jpg
「小渕優子 オフィシャルブログ」より


 小渕優子・元経済産業相の政治資金規正法違反事件に関し、19日に小渕サイドが設置した第三者委員会が調査結果を報告。それを受けて、昨日、小渕自身が謝罪会見を行った。

 もっとも、その内容はなんともお粗末なものだった。第三者委員会の報告では、小渕自身は「不正処理に関与したり、事実関係を認識したりしていたことは認められず、会計責任者の選任・監督の責任も認められない」。事務所で帳簿データなどの入ったハードディスクがドリルで破壊されていた問題も、「不調で使用できなくなったサーバーをパソコン販売業者がハードディスクにドリルで穴をあけた」だけ。

 ありえないような大甘報告なのだが、第三者委員会とはいいながら、実態は小渕サイドが雇ったヤメ検弁護団でしかないのだから、それも当然だろう。

 しかも、唖然としたのが、この報告を受けて行われた小渕自身の謝罪会見だ。地元・前橋にメディアを呼びつけ、まず口をついて出たのも「後援会のみなさまに多大なご迷惑をおかけした」という言葉。

 疑惑についても、ひたすら「第三者委員会の先生方が調べてくだすった」と第三者委員会の権威を使って否定し、元秘書2人が東京地裁で「裏金捻出を目的としていた」と有罪判決を受けたことについても、「判決内容はショックだった」と他人事のように語る。

 さらには、本人が議員辞職をしない理由についても、「会見前に後援会から、『群馬のためにがんばれ』と決議をいただいた」と後援会のせいにする始末だった。

 ようするに、謝罪会見といいながら、政治資金規正法違反事件を引き起こした何から何まで他人任せのお姫さま体質は全く変わっていないのだ。謝罪の言葉や会見の場所を見てもわかるように、その目線は国民ではなく、自分を守ってくれる地元の支持者にだけ向けられている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

世襲だらけの政治家マップ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

謝罪会見でも後援会任せの発言連発! 小渕優子はやっぱり何も考えていない“お姫さま”だった!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍内閣編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画