月収100万円説の一方でこんな危険も…『ネット風俗』がどんどん過激化! マスクをして過激な露出や本番も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
netfuzoku_151004.jpg
『ネット風俗嬢』(中山美里/泰文堂)

「おっぱい見せて」「おしり見せて」、あっという間に集まってきた何百人の男性のリクエストに応じて、ランジェリー姿の女性はなまめかしく身体を動かしはじめる。過激なポーズ目当てにますます集まってくる過熱した男性たちを前に、やがて、全裸になった女性はパフォーマンスのクライマックスとなる、オナニーをはじめる。透明で男性器の形をしたアダルトグッズ(ディルド)を女性器に差し込み、カメラのレンズを当てると、透明のアクリル越しに膣内が丸見えに。モニターには放射状に粘膜の映像が広がる──。
 
 これは現在、ユーザーを増やしている「アダルトチャット」の世界の一場面だ。その多くはFC2やDMMライブチャットといった大手のライブチャット上で、配信者の女性(ネット風俗嬢)がメイド、女子高生、人妻などの設定で、チャットをしながらセクシーな動画を配信する。ネット風俗嬢が一人でストリップやオナニーなどを複数のユーザーに見せるのが一般的なパフォーマンスだが、なかには、動画に男性も登場し本番セックスまで行うものもあるという。場合によってはほんの2時間で20万円を稼ぐことができ、週に2~3回で月収100万円にもなることがあるらしい。

 配信者側(ネット風俗嬢もしくは所属する風俗店)が価格帯を設定するが、チャットなしで動画を見るだけであれば無料のケースもある。チャットがくわわれば、1時間あたり6000~9000円がかかり、風俗産業でいえばピンサロや格安ヘルス、平均的なキャバクラと同価格帯になる。しかし、男性ユーザーにしてみれば、家にいながらにして風俗体験ができるという自由度がウケているようだ。

 ネット風俗嬢側も、最初はただチャットするだけ、という気軽な気持ちでネット風俗に飛び込むことがあるらしい。『ネット風俗嬢』(中山美里/泰文堂)では、そんなネット風俗嬢のリアルな声が紹介されている。

 東京都下に在住の19歳の女性は、「東京に出るには少々時間のかかる場所の上、実家住まいのため夜遅くなりすぎることもできない。しかし、バレてしまう可能性のある地元の風俗で働くこともできない」と常設式のチャットルームで働き始めた。

「大学を中退してしまったのですが、やっぱり入り直したいと思い、お金を貯めたくてこの世界に入りました。今、だいたい日給が1万5000円~2万円くらいで、時給が3000円ちょっとくらいですかね。地元のキャバクラだと、正直こんなに稼げないですね」(19歳の女性)

 彼女は男性経験は一人ながらも、ネット風俗をそつなくこなしているという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ネット風俗嬢 (リンダパブリッシャーズの本)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

月収100万円説の一方でこんな危険も…『ネット風俗』がどんどん過激化! マスクをして過激な露出や本番ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
7 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
8 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
18 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
19 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20 財務次官セクハラが海外メディアでも