東山紀之、反ヘイト本文庫化であらためて語る差別と暴力「人は人を差別するときの顔が最も醜い」「人間は、決して無駄に闘ってはならない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
higashi_150814_top.jpg
東山紀之『カワサキ・キッド』(朝日新聞出版)

 昨年11月、本サイトで報じた東山紀之の自伝的エッセイ『カワサキ・キッド』(2010年発行/朝日新聞出版)の“反ヘイト”記事は大きな反響を呼んだ。神奈川県川崎市のコリアンタウンで少年時代を過ごした東山の極貧時代、祖父がロシア人の血を引くという出自、在日コリアン一家との交流などが描かれた本書は、東山の“反ヘイト精神”が溢れており、在特会やネトウヨ、そして“ヘイト政権”である安倍政権へのアンチテーゼのような内容だったからだ。

 本サイトがこの本を紹介すると、一貫して差別を憎み弱者に思いを寄せた東山に対し、「なんて真っ当な主張だ」「目頭が熱くなった」「東山さんを見直しました」などと賞賛の声が数多く寄せられた。しかし一方で、「東山を使った政治的プロパガンダだ」「記事は安倍政権へのヘイト」などの批判も巻き起こった。

 これは自分たちにとって都合の悪いものに対するネトウヨたちのお決まりの批判だが、反中嫌韓を源流とする罵詈雑言がネット上を中心に平然と席巻している絶望的言論状況だからこそ、差別を憎み、人間の尊厳の本質を正面から捉えようとする東山の著書を紹介することは必然でもあった。

 それは多くの人々にとっても同じだったのだろう。本サイトでの反響を受けて、じつは先日8月7日、この『カワサキ・キッド』が文庫化され、朝日新聞出版からあらためて発売されたのだ。

 本の情報雑誌「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)のニュースサイト「ダ・ヴィンチNEWS」では、今回の文庫化をこう報じている。

〈東山が優しい眼差しで、在日韓国人・朝鮮人といったマイノリティ、弱者に対する思いを綴った点が再評価され、2014年11月にニュースサイトが紹介するやいなや、SNSを中心に「たくさんの人に読んでもらいたい」「ここまで書く人はなかなかいない」「滅入っていた気持ちが明るくなった」「弱い立場の人への思いやりが素晴らしい」などのコメントが殺到。“いまの時代にこそ読むべき良書”として再び大きな注目を集めている〉

 多くの人が『カワサキ・キッド』の内容に胸を打たれ、本サイトの紹介記事も文庫化に一役買えたことは、たいへん喜ばしい限り。しかも、今回の文庫化に際し、東山は新たに「文庫化にかえて 5年後に思う」との一文を寄せているのだが、それは東山の弱者への温かい眼差し、そして平和への思いがあらためて貫かれたものだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

東山紀之、反ヘイト本文庫化であらためて語る差別と暴力「人は人を差別するときの顔が最も醜い」「人間は、決して無駄に闘ってはならない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。レイシズム伊勢崎馨の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画