宇多田ヒカルを苦しめ続けた“家族という呪縛” 出産報告がアルバムの宣伝なんかのわけがない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
utada_01_150803.jpg
「Cut」(ロッキング・オン)2009年6月号

 7月3日、第一子を出産したとのおめでたいニュースをブログで報告した宇多田ヒカル。2014年に再婚したことが話題となったイタリア人男性との子どもである。

 しかし、その吉報に対して和田アキ子が浴びせた発言が物議をかもした。

 7月5日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)にて、この話題に対し、「妊娠したことも言わなかったのに、どうして産んでから……」「やっぱり、新曲のあれかね? プロモーション?」と切り捨て、出産報告がまるで制作中のアルバムの宣伝であるかのように語ったのだ。

 出産報告を「プロモーション」と受け止めるアッコの下品さもどうかと思うが、まずもって和田アキ子は、宇多田ヒカルという人についてなにも分かっていない。

 宇多田は自分の商売のためなら何でも利用する小商いのような人間ではないし、音楽自体、自発的に始めたわけではないのだ。

「Cut」(ロッキング・オン)2009年6月号ではこう語っている。

〈親が仕事してるスタジオにいなきゃいけなくて、そしたら『ちょっと歌って』みたいな感じで歌わされて。イヤだなあ、なんでわたしが歌わなきゃいけないのぉ?って思ってたら、『声がいい、声がいい』って言われて〉

 日本のポップミュージック史に残るシンガーでありソングライターである彼女だが、率先して音楽の世界に足を踏み入れたわけではなかった。むしろ、両親の思惑を感じとり、その期待に応えたと言ったほうがいい。

 前述したエピソードの通り、ヒカルがデビューするまでの道筋をつくったのは、父である音楽プロデューサーの宇多田照實だ。

 また、母の藤圭子も、娘のデビューを心から望んでいた。「女性セブン」(小学館)2013年12月26日・2014年1月1日合併号では、作家である大下英治が94年に藤圭子と会ったとき、「娘は天才なのよ。今、ニューヨークで歌の勉強をしているから、見ていてごらん。あと何年かすると、あっと驚くようなデビューを見せるから」と興奮気味に語られたと述懐している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

点―ten―

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

宇多田ヒカルを苦しめ続けた“家族という呪縛” 出産報告がアルバムの宣伝なんかのわけがない!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。家族新田 樹歌手の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも