路チュー騒動の中川郁子農水政務官が「週刊新潮」記者の首に手を回し「チューしましょうか」と…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
201507240700top.jpg
「週刊新潮」(新潮社)2015年7月16日号

 ほとんど報道されていないが、故・中川一郎氏の未亡人、中川郁子農水政務官がまたやらかしたらしい。

 安保法案国会真っ只中の6月30日、中川議員はそんなの関係ないとばかりに門博文衆院議員と逢瀬を愉しんでいたのである。門議員は「週刊新潮」(新潮社)3月12日号で “不倫路チュー”をスッパ抜かれた相手。この2人、あれだけ世間を騒がせたにもかかわらず、いまだにその関係は続いていたらしい。

 それを報じたのはまたもや「週刊新潮」。7月16日号で、路チュー報道から4カ月、2人の“まさかの密会”を再びすっぱ抜いている。

 それによれば、6月30日夜、会合を終えて一度自宅に戻った中川議員だが、直後に短い“ナマ脚”スカート姿に着替え近所の居酒屋へ。そこに現れたのが、顔をほころばせた不倫路チューの門議員だった。門議員は中川議員を見るや「ヨッ」と声をかけテーブル席に。あまりに大胆である。

 もっとも、この酒席には江崎鐵磨自民党副幹事長も同席していた。派閥の大先輩をまるで芸能人密会デートのアリバイ要員のように使うのも凄いが、3人は日本酒や焼酎を酌み交わしたという。主に江崎議員の講釈の聞き役だったという中川・門カップルだが、「週刊新潮」に掲載された写真を見るかぎり、中川議員の“ナマ脚”もド迫力、さらに、門議員も大先輩そっちのけで中川議員の方を見て、にやけている。

 もっとも、この日は“リベンジ路チュー”はなかった模様で、会がお開きになると、門議員は大先輩のセンチュリーに同乗しご帰宅となったという。

 だが、問題はその後だ。後日、「週刊新潮」記者が中川議員を自宅前で直撃するのだが、その際、中川議員が仰天行動を取ったのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

週刊新潮 2015年 7月 16日号 / 「週刊新潮」編集部 〔雑誌〕

  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

路チュー騒動の中川郁子農水政務官が「週刊新潮」記者の首に手を回し「チューしましょうか」と…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
7 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
8 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
9 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
14 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
17 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
18 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
19 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画