安倍首相の「ニコ生」がついに1万人を割り込んだ! 信者相手の自己慰撫番組に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abenikonama_150709.jpg
安倍首相、フツーの視聴者への説明は?(YouTube「自民党公式チャンネル」より)


 またしても大爆死──。昨日お伝えした、安倍晋三首相による「ニコニコ生放送」の来場者数問題だが、昨晩の放送ではさらに数を減らした。

 この放送は、「安倍さんがわかりやすくお答えします! 平和安全法制のナゼ? ナニ? ドウシテ?」と題し、安保法制について「国民に理解を求めるため」に行われているもの。昨晩の第3夜のテーマは「自衛隊員は危険にさらされる?」というものだったが、国会と同様、「自衛隊はすでに1800人の殉職者を出している」と発言。いや、それは任務中の事故などで命を落とした数で、戦闘に巻きこまれて亡くなった人は1人もいないから、と総ツッコミを受けたのもなかったことになっているらしい。

 一方的な言い分ばかりを垂れ流すこの放送で国民に説明をできていると考える神経にはほとほと呆れるが、問題は来場者数。第一夜目の7月6日はたったの10649人で、2夜目も12233人と少なかったが、昨晩はさらに数を減らし、10606人だった。ちなみに、放送終了時の人数は9741人。実質、放送を観た人は1万人すら切っている。

 じつは2夜までの低来場者数に焦った自民党本部が、昨晩の放送から動員をかけているとの情報があった。しかし、蓋を開けてみればこの人数。だが、おかしなことに、寄せられるコメントは前2夜と比べても圧倒的な安倍支持の声ばかりで、「安倍さん愛してる、いつも信じてるよ」「涙が出た」「安倍さんお慕いしています♥♥」「自民党万歳!」「憲法が間違っています」などなどといった気持ちの悪い絶賛コメントで覆い尽くされていた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

安倍首相の「ニコ生」がついに1万人を割り込んだ! 信者相手の自己慰撫番組にのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ニコニコ動画安倍晋三編集部自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
2 安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
3 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
4 ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
5 小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
6 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
7 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
8 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
9 櫻井翔『先に生まれた〜』は維新礼賛?
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
12 民主解党論の裏にジャパンハンドラー
13 田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
14 安倍の地元で反安保講演に聴衆が殺到
15 大手メディア衆院選情勢調査の結果は
16 高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
17 昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
18 エイベックス不祥事頻発の背景は?
19 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
20 LDH新企業ロゴが炎上!HIROも迷走
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4原発ゼロは嘘!小池百合子が再稼働容認
5安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
6高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
7田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
8見苦しい!安倍首相が無告知ゲリラ街宣
9安倍首相が街頭演説からトンズラ
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11山本太郎「リベラルをひとりも減らすな」
12原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
13加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
14希望の党候補に性的関係強要の過去!
15自民党の政権公約の詐欺っぷりがひどい
16小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
17希望の党が候補者に党への上納金500万円
18ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
19昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
20大手メディア衆院選情勢調査の結果は

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」