初中出し撮影で妊娠…AV女優とAV監督の“職場結婚”夫婦が明かすマル秘結婚生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tameike_01_150608.jpg
『溜池家の流儀 AV夫婦の仲良しマル秘夫婦生活』

 昨年、一般既婚者を対象に行った「結婚に関するアンケート調査」(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)によると、「結婚相手と出会った場所」第1位はダントツで「職場」だという。そういえば、今年に入り結婚した芸能人19組中7組が芸能人同士。これも“職場結婚”の割合の高さを表しているといえるだろう。

 さてここにも一組、職場結婚の末、幸せな家庭を築いている夫婦がいる。AV監督の溜池ゴロー氏と、元AV女優で小説家の川奈まり子氏だ。

 たしかにAV業界でも職場結婚は少なくない。AV女優とAV男優、監督、マネージャー、カメラマン……。しかし、そこはやはり、他の異性とセックスをする複雑なお仕事。なかなか結婚生活はうまくはいかず、一説には離婚率90%以上ともいわれている。

 そんななか、業界ではおしどり夫婦として知らない者はいないのが、この溜池氏と川奈氏。いったい、その円満の秘訣は何なのだろうか。このほどふたりが『溜池家の流儀 AV夫婦の仲良しマル秘夫婦生活』(双葉社)を上梓したので、その理由を探ってみた。

 まずは、ふたりのなれそめだが、もちろんAVの現場であった。

 当時、川奈は30歳前後。夫とセックスレスゆえ、〈パソコン通信の先駆けだったニフティ・サーブの『大人の掲示板』にハマり、掲示板上で「セックスフレンド募集」と謳って女性を募っている投稿主を選んで、連絡を取り合い、デートするように〉なっていたという。

 そんな遊びを1年間続けた結果、〈だんだん気が弛んで選球眼が曇ったようで、悪いヤツに引っ掛かって〉しまう。男に「バラされたくなければAVに出演してギャラの7割をよこせ」と脅されたことをきっかけに、その状況を助けてくれたAVプロダクション社長の事務所に所属することになった。

 そして1999年春先、離婚した直後にデビュー。AV女優・川奈まり子が誕生した。しかし、しばらくはまったく売れず、ほとんどの面接に落ちては〈「パンチラ100連発」というパンツを見せるだけのビデオに出たり、本物の盗撮ビデオという「設定」のウソ作品にデリヘル嬢という「設定」で顔にモザイクをかけられて出演したり、そんなものしか仕事が回ってこなかった〉という。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

溜池家の流儀 AV夫婦の仲良しマル秘夫婦生活

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

初中出し撮影で妊娠…AV女優とAV監督の“職場結婚”夫婦が明かすマル秘結婚生活のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。妊娠家族羽屋川ふみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
8 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評