ももクロ川上マネージャーとヒャダイン確執の真相 ももクロの本当の仕掛人は誰?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
momokuro_01_150514.jpg
ももクロのメジャーデビューシングル「行くぜっ!怪盗少女」(ユニバーサル)

 今年2月に公開された映画につづいて、今月5月1日からはメンバー全員で初舞台『幕が上がる』に挑戦中のももいろクローバーZ。アイドル活動だけでなく女優方向にも舵を取りはじめたこのタイミングで、じつは、気になる発言をももクロの名物マネージャーであり“育ての親”と呼ばれる川上アキラ氏が行った。

「ねえ、もう会社的に言っちゃいけないヒャダインのことも叫んだしね、みんな満足だろ?」
「あいつが一時期、ももクロ……あの、音盤とか干されてたときねえ、声掛けたのオレだからね」
「基本、ももクロにとってトクになんないことはしないね」

 このように川上氏が話したのは、現在、ももクロ8周年を記念してスタッフによって行われている企画「東海道中桃栗げ」のUstream生中継でのこと。ヒャダインとは、ご存じ“ももクロの音楽プロデューサー”として一躍脚光を浴びた前山田健一氏。ももクロのファンならばよく知っているかと思うが、じつはここ数年、ももクロサイドとヒャダインの関係が悪化しているとひそかに噂されてきたのだが、これを今回、川上氏は公に認めたかたちだ。

 そもそも、関係悪化の噂が流れはじめたのは、2013年1月、ももクロがアルバム発売を発表した際にヒャダインがこんなツイートを投稿したからだ。

〈ももクロ、アルバム出るんですね。参加させてもらえるのかしらん。最近連絡無いからなあ〉
〈最近頻繁に「ももクロに新曲を書いて」ていうリプ来ますが、曲の発注はレコード会社の権限ですから、俺に直訴されてもどうしようもないです〉

 さらに、4月にそのアルバム『5TH DIMENSION』が発売される数日前には、〈「進化」てことでサウンドもただ小難しくしただけで、大切な芯を失ったアルバムだと思いました。面白味がない、というか・・。まあ、売れるんでしょうけど・・。〉と投稿。このツイートはすぐに削除されたが、ファンのあいだでは「ももクロ批判では?」と見られてきた。

 しかし、ずっと謎だったのは、なぜヒャダインはももクロから切られてしまったのか、ということ。ヒャダインはももクロと同じスターダストプロモーションに籍を置き、しかも、ももクロが所属する部署「芸能3部」に在籍する他のアイドルグループの楽曲はその後も提供していたからだ。そのため、ファンたちは「実際は数曲しか手がけていないヒャダインがプロデューサー扱いされることに嫉妬した川上マネが前山田を外したのでは」と憶測。今回の川上氏の発言は、こうした噂を払拭する狙いがあったのだろう。

 だが、“ヒャダイン外し”の噂を払拭するどころか、「ももクロにとってトクになんないことはしない」発言によって、“ヒャダインはももクロには必要なし”と考えていることが露呈する結果に。少なくとも、ももクロブレイクの功労者に対する物言いとしては、あまりに不躾な印象だ。

 しかも今回の生中継で、川上氏はもうひとつ、気になる発言を行っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ももクロ川上マネージャーとヒャダイン確執の真相 ももクロの本当の仕掛人は誰?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ももいろクローバーZプロデュース大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
15 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
16 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 財務次官セクハラが海外メディアでも
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした