池上彰が自民党のテレ朝・NHK聴取を真っ向批判!「放送法違反は政権与党のほうだ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ikegami_01_150112.jpg
『知らないと恥をかく世界の大問題5』(KADOKAWA/角川マガジンズ)

 元経産官僚・古賀茂明の『報道ステーション』(テレビ朝日系)での発言以降、自民党の暴挙が続いている。自民党情報通信戦略調査会がテレビ朝日と『クローズアップ現代』のヤラセが指摘されたNHKを呼びつけ事情聴取を行ったが、それだけでは飽き足らず、BPOへの申し立ての検討、さらには政府自身がBPOに関与する仕組みを作るとぶち上げたのだ。

 表現の自由が剥奪され、政府からの言論統制が敷かれるという恐るべき事態が進行しているわけだが、しかし、マスコミの動きは鈍い。

 リテラは一貫して、安倍官邸の圧力とメディアの弱腰を批判してきたが、残念ながら弱小メディアがいくら叫んでも、相手にはしてもらえない。「報道の自由」をきちんと主張する影響力のあるメディア、言論人はいないのか。そう思っていたら、あの池上サンがこの問題について、かなり踏み込んだ発言をした。

 4月24日、朝日新聞の連載「新聞ななめ読み」で「自民党こそ放送法違反だ」と政権与党への批判を展開したのだ。

〈これが欧米の民主主義国で起きたら、どんな騒動になることやら。放送局の放送内容に関して、政権与党が事情聴取のために放送局の幹部を呼び出す。言論の自由・表現の自由に対する権力のあからさまな介入であるとして、政権基盤を揺るがしかねない事件になるはずです。〉

 池上はいきなり、こう断じたうえで、その理由を述べる。

〈では、なぜ自民党の行動は問題なのか。自民党が呼び出した理由は、放送法に違反した疑いがあるから。放送法の第4条第3項に「報道は事実をまげないですること」とあるからです。
 しかし、実は放送法は、権力の介入を防ぐための法律なのです。
 放送法の目的は第1条に書かれ、第2項は次のようになっています。「放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによって、放送による表現の自由を確保すること」
 つまり、「表現の自由」を確保するためのもの。放送局が自らを律することで、権力の介入を防ぐ仕組みなのです。〉

 放送法の本来の理念は権力の介入を防ぎ、表現の自由を確保するもの。池上はそう明確に指摘する。そして同法は戦前の言論統制の反省から、権力から独立するためのもので、自民党の行為こそが、放送法違反だと批判するのだ。

 だが、注目すべきは、池上が言論に介入する自民党を批判する一方で、メディアの対応をも批判していることだ。池上は新聞各紙の論調を取り上げながらこう指摘する。

〈いつもは論調に大きな違いのある新聞各紙が、この問題に関しては、自民党に批判的な立場で歩調を揃えています。それだけ重大な問題であるとの認識では共通しているのでしょう。〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ジャーナリズムは甦るか

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

池上彰が自民党のテレ朝・NHK聴取を真っ向批判!「放送法違反は政権与党のほうだ」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。テレビ朝日伊勢崎馨自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 アンゴラ村長「顔や生まれ蔑む笑い」批判
2 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
3 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
4 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
5 安倍が横田早紀江さんを無視している
6 生活保護カットで他の低所得者も困窮
7 宮崎誤報で松本人志の言い訳がひどい!
8 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
9 自民党が女性の社会進出否定する動き
10 ペジー社・齊藤容疑者が櫻井よしこと
11 さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
12 富岡八幡宮、祖父は日本会議前身の中心
13 カズオ・イシグロがネタバレ自粛に疑義
14 昭恵の無神経と籠池夫妻の勾留長期化
15 ノーベル賞授賞式で被爆者出席も安倍政権が
16 エルサレム問題で安倍がトランプのポチ
17 田崎とケントに自民党からカネが!
18 山口敬之との関係を質された安倍首相が
19 山口敬之氏のスポンサーが逮捕された!
20 流行語大賞の欠席続出はネトウヨのせい
1田崎とケントに自民党からカネが!
2さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
3安倍が横田早紀江さんを無視している
4山口敬之との関係を質された安倍首相が
5山口敬之氏のスポンサーが逮捕された!
6義家前文科副大臣が学校法人から献金
7安倍首相、森友加計の虚偽答弁を訂正せず
8加計獣医学部で特別扱いが次々露呈
9北朝戦争に”NO”を言わない安倍政権
10昭恵の無神経と籠池夫妻の勾留長期化
11ペジー社・齊藤容疑者が櫻井よしこと
12安倍、麻生、稲田らのデタラメ政治資金
13ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
14ノーベル賞授賞式で被爆者出席も安倍政権が
15生活保護カットで他の低所得者も困窮
16富岡八幡宮、祖父は日本会議前身の中心
17 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
18SF慰安婦像問題と日本の歴史修正主義
19エルサレム問題で安倍がトランプのポチ
20大林宣彦「青春は戦争の消耗品ではない」

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

"驚愕のブラック"マッサージチェーン! 4日間睡眠時間ゼロの社員研修、会議の締めに男性社長と強制ハグ...

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」