エンジョウトオル絶句!

安倍首相の花見会に太田光が! ももクロも春クリも…みんなあっち側にいってしまった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abeoota_150419.jpg
「安倍首相はバカ」発言していたのに……楽しげに写真に写る太田光(YouTube「FNNnewsCH」より)


 なんだよ、それ? 18日、新宿御苑で開催された安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の模様を知って、こうつぶやいたのは筆者だけではないだろう。

 この会には、毎年、政財界人にまじって多くのタレント、文化人、スポーツ選手らが招待され、彼らが時の権力者に尻尾をふる気色の悪い様子が大々的に報道される。ただ、それも毎年のことだし、芸能人も身すぎ世すぎというものがあるのだろうと、気にとめないようにしていた。しかし、今年はそうはいかなかった。その中にあの爆笑問題・太田光がいたからだ。

 周知のように太田はほんの1ヵ月ほど前、ラジオで安倍首相を「バカ」と罵倒して炎上したばかりだ。

 3月29日放送のTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』でのこと。太田は米軍基地の辺野古移設をめぐって、沖縄の民意を無視し、翁長雄志沖縄県知事に会おうとしない安倍首相をこう批判した。

「安倍っていうバカ野郎」「私は個人的に(安倍首相を)バカだと思ってますけど」「沖縄は日本ですよ。何で日本を守らないのあのバカは」

 これに対して、安倍首相を支持するするネトウヨ、ネトサポたちがヒステリーを起こし、「一国の首相をバカよばわりするとは」「芸人風情が政治に口を出すな」などといった的外れな論理で太田攻撃を展開したのだ。

 しかし、本サイト・リテラはもちろん、この太田の発言を全面擁護してきた。太田の「バカ」という言葉は、選挙で示された民意を踏みにじり、翁長知事に幼稚な嫌がらせをする安倍首相の政治的態度に向けられたものであり、当然の形容である、と。お笑い芸人が権力者を罵倒し、揶揄することについても、他の民主主義国家では当たり前に行われていることであり、芸能人がバッシングを恐れて政治的発言ができないこの国のほうが異常であると指摘。むしろ、そんな状況の中で、太田が自分の意志を鮮明にしたことを高く評価してきた。

 ところが、その太田が安倍首相の誘いに応じて、あんな権力者の宣伝のための宴にノコノコ出かけていたのである。しかも、当日の様子を見ても、さらに翌日のTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』のトークを聞いても、批評的な言動をした形跡はまったくない。

 それどころか、安倍首相のほうから近づいてきて「一緒に写真を撮りましょう」といわれ、隣でおどけたポーズをとったあげく、「番組に出てください」などと依頼。安倍首相から「もちろん」と快諾されて喜んでいる始末だ。

 なんだろう、この腰砕けっぷりは……。もちろん、嫌な予感はしていた。太田光という芸人はこれまでもこうした転向と日和見を繰り返してきたからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

内側から見たテレビ やらせ・捏造・情報操作の構造 (朝日新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

安倍首相の花見会に太田光が! ももクロも春クリも…みんなあっち側にいってしまったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ももいろクローバーZエンジョウトオル太田光安倍晋三春香クリスティーンの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
8 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評