上杉隆が「文藝春秋」で古舘の12億円『報ステ』出演料暴露も、暴力団テープは存在せず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kogahurutachi_150328.jpg
左・テレビ朝日『報道ステーション』HPより/右・『国家の暴走』(角川書店)


『報道ステーション』(テレビ朝日系)で爆弾発言をした古賀茂明氏をめぐって新たな動きがありそうだ。10日発売の「文藝春秋」5月号でジャーナリストの上杉隆氏がこの問題を検証した記事を発表。そこで古舘伊知郎と古賀氏をめぐる録音テープをそのまま再録している、との情報が業界をかけめぐっているのだ。

 取沙汰されているテープは3種類。ひとつは、『報ステ』で、古賀氏が古舘伊知郎との口論の中で「古舘さんもその時におっしゃいました。『この件に関してはお役に立てなかった。本当に申し訳ない』と。全部録音させていただきましたので、そこまで言われるならすべて出させていただきます」と発言したもの。 

 2本目は「週刊文春」4月9日号が報道した、スタッフとのやり取りを録音した“テープ”だ。「文春」によると、2月25日の放送後、古舘がミスをした担当者に「俺はやくざと一緒だ。体張ってやってんだ。お前らサラリーマンとは違うんだ」と怒鳴ったときのものだという。

 そして3本目もやはり「文春」が報じたテープで、「古舘さんが個室に川内原発のVTRを作ったスタッフでMの腹心であるHを呼び出して『俺のバックには、組が付いている』と暴力団の実名を挙げて恫喝したもの」であるという。

 上杉氏はこの3本を入手し、それを「文藝春秋」に持ち込んだというのだ。とくにこの3本目はニュースキャスターが暴力団との関係を自ら語っているということであり、本当に表沙汰になったら古舘降板は必至。そんなところから『報道ステーション』はすでにポスト古舘の体制作りに入っているとの情報まで流れた。

 しかも、これはただの噂にとどまらなかった。「FLASH」(光文社)4月21日号は、なんとテープは5本あって、「その内容を暴露した記事が、近く月刊誌に発表される」と報じ、こんなテレ朝関係者の台詞を掲載している。

「さらに別のテープには『俺のバックには組がついているんだ』と発言したものもあるという。しかも古舘氏は具体的な反社会勢力の名前や特定人物の個人名も挙げているといわれ、これが事実で、それが暴露されたらキャスター生命は終わりになってしまいますよ」

 しかし、結論から言うと、『文藝春秋』に載っているのは、2本目のスタッフに「俺はやくざと一緒だ。体張ってやってんだ」と言っているテープのみ。まあ、これくらいなら、報道の修羅場でとびかってもおかしくない台詞であり、降板にはいたらないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

上杉隆が「文藝春秋」で古舘の12億円『報ステ』出演料暴露も、暴力団テープは存在せずのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。テレビ朝日マスコミ上杉隆古賀茂明圧力報道ステーション田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃