>  >  > 安倍の圧力で報ステが古賀茂明を更迭

官邸の圧力!?『報道ステーション』で安倍批判をした古賀茂明が番組を降ろされた!

【この記事のキーワード】, ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kokkanobousou_140915.jpg
『国家の暴走 安倍政権の世論操作術』(角川oneテーマ21)

 古賀茂明氏といえば、元経産官僚ながら歯に衣着せぬ批判で知られる評論家。とくに昨年9月に『国家の暴走 安倍政権の世論操作術』(角川oneテーマ21)を上梓してからは「安倍政権による“軍事立国”化を食い止めよ!」と“反安倍”の姿勢を鮮明にしていた。

 その古賀氏が、定期的に出演していた『報道ステーション』(テレビ朝日系)のコメンテーターを3月一杯で“更迭”されることになった。

 かねて安倍官邸から敵視されていたため、いつかこんな日が来るのではないかと心配されていたが、直接のきっかけと見られているのが先月1月23日の放送だ。「イスラム国」による人質事件の最中でほとんどのメディアが政権批判を控えているなか、敢然と、しかも痛烈かつ的確な言葉で安倍晋三首相の外交姿勢を批判したのだ。

 古賀氏の論理は明快だった。

〈日本政府は、2人の日本人が人質に取られ、後藤健二さんに関しては身代金を要求されていることを事前に知っていた。「人命第一」に考えるなら、いちばん大事なことは犯人を刺激しないこと。10億円、20億円程度なら官房機密費ですぐに払える。1月に首相の中東訪問を控えているなら、それまでに解決しておくこともできた。にもかかわらず、それをしないでわざわざ「イスラム国」を刺激するようなパフォーマンスを繰り返し、「『イスラム国』と戦う周辺国に2億ドル出します」と宣戦布告のようなことを言ってしまった。これは「イスラム国」の側からすれば交渉の余地なしということになる。だったら、宣伝に使うか、思いっきりふっかけてやろうということになったのが今回の事態ではないか。
 ではなぜ、安倍さんは人質が取られていることを知りながら挑発的な言動を繰り返したのか? それは、「後藤さん犠牲になっちゃうかもしれないけど、でも、もっと大事なことがある」と判断したのだと思う。では、安倍さんにとってもっと大事なこと、何が第一だったのかというと、「イスラム国と戦っている有志連合の仲間に入れて欲しい」ということだ。しかし、アメリカやイギリスと一緒になって空爆を(安倍さんはしたいけど)するわけにはいかない。だから人道支援ということにしたわけだ。ただ、この人道支援はあくまでも「『イスラム国』と戦うための支援ですよ」ということをアピールしたくて、ああいう言い方になったと思う。
 ただ、我々はやはり「日本は戦争をしない国なんだ」というところにもう一度、立ち返らなければいけないと思う。安倍さんは「有志連合に入りたい」と願っているかもしれないが、日本は憲法もあるし、できないはず。それが今回、安倍さんの発言によって日本の良いイメージが逆の方向に行ってしまった。日本という国は「アメリカの正義」を正義と思い込んでいるんじゃないか? アメリカやイギリスと一緒なんじゃないか? そういうことが世界に発信されてしまい、「イスラム国」にも利用された。しかし、我々は「いや、そうじゃないんだ」と言うべきだ。「日本は戦争をしない国だし、日本を攻めてこないような人たちを一方的に敵だなんて思いませんよ」と、もう一度、世界にアピールしていく必要がある〉

 そして、こう言い放ったのだ。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

国家の暴走 安倍政権の世論操作術

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍がサミットで伊勢神宮訪問ゴリ押し
2 橋下徹が沖縄米軍の事件で女性差別発言
3 竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
4 小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
5 指原が東大美女ツアーでオヤジ発言
6 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
7 上原亜衣は? AV女優の引退後
8 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
9 舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
10 能年玲奈は独立できるか?飼い殺しも
11 明石家さんまが東京五輪開催を批判!
12 キムタク最大のタブーとは?
13 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
14 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
15 大森靖子「小6のときレイプされて」
16 小保方氏の反論手記は真実なのか!
17 創価学会で反安倍、反執行部クーデター
18 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
19 アイドル刺傷事件で警察の対応に責任
20 沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
PR
PR
1明石家さんまが東京五輪開催を批判!
2東京五輪招致裏金に電通が関与と英紙
3沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
4高市早苗が政治資金不正で刑事告発!
5『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
6東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
7創価学会で反安倍、反執行部クーデター
8大企業と富裕層に優しい安倍政権の税制
9安倍首相がまた「私は立法府の長」発言
10高樹沙耶の大麻解禁公約は間違ってない
11木村太郎のパナマ文書企業擁護がヒドい
12沖縄事件で暴言!報ステ後藤謙次の正体
13小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
14山本太郎「日本会議に負けるな」
15次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
16舛添問題で石原良純が挙動不審に!
17安倍の母が過保護発言、昭恵夫人に嫌味
18日本が加害者の戦争映画は作れない?
19竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
20舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」