水原希子「股間写真」で大炎上! アート&サブカル女優はなぜ叩かれるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mizuharakiko_141221.jpg
水原希子Instagram「i_am_kiko」より


「下品」「気持ち悪い」「ありえない。載せていいのといけないのの区別つかない?」

 先日、女優でモデルの水原希子がインスタグラムに投稿した画像を巡って、炎上騒動が起こった。水原が投稿した画像は、白い下着を身につけた女性の股間がアップで、中心部分に虹のような光が帯びている写真。これが冒頭に紹介したような批判を浴びる原因となったのだ。

 だが、そもそも水原自身もTwitter上でコメントしているように、股間写真はLina scheyniusというスウェーデンの新進女性写真家の作品。さらに、〈エロティシズムとアートを下品と勘違いさせている方が多いと思います。これはアートです。コンビニに並んでいるエロ本は下品です。どちらが正しいとは思いません。どちらも異なる良さがあると思います。ただそれを一纏めに下品だと判断しないで欲しい〉と説明を行っている。それでも、ネット上の一部では「アートかエロかは関係ない」「女優がアップする写真じゃない」といったような意見があがっている。

 自分の好きな作品を紹介しただけで炎上する──。なんとせせこましい世の中になってしまったのだろうかとため息が出る事態だ。これがネット普及以前の話で、カルチャー誌あたりで行われていたなら批判なんて挙がることはなかっただろう。他人の趣味を理解しようとも思わない、自分の閉じた世界で物事を判断し、それ以外は許容しない“タコツボ化”が招いた悲劇。そうまとめることもできるが、たとえば今回水原がアップした画像が、アート作品ではなくたんなるエロだったとしても、一体何の問題があっただろうか。それが好きだ、表現としてすばらしい。そういった感情をエロのなかに見出し、公表することは、とやかく叩かれるようなことなのか。

 じつは水原は11月に投稿した“鼻ピアス”の画像もネット上で話題となっていた。鼻ピアスだけでバッシングを受ける世の中……そこから見えてくるのは、いま、若手女優がいかに純粋性が求められているかということだろう。実際、ネット上で人気の高い新垣結衣や堀北真希といった女優たちは、じつに模範的な優等生タイプだ。

 逆に、女優がアートやサブカルチャーに興味をもち、少しでも大人っぽい行動や尖った言動をするだけで、すぐに叩かれる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

水原希子フォトブック KIKO

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

水原希子「股間写真」で大炎上! アート&サブカル女優はなぜ叩かれるのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。写真本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!