紗栄子vs梨花がママ友バトル!梨花が陥ったアラフォーママの落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
saekorinka_01_141126.jpg
紗栄子と梨花がバトルとな?(左/紗栄子公式ブログより 右/「Rinka Happy Life」より)


 11月18日、ダルビッシュの突然の交際宣言に驚いた人も多かっただろう。相手の女性は女子レスリング一家の山本聖子という離婚直後のバツイチ子持ちの女性だったから。これまでダルビッシュは多くの女性との熱愛報道を頑に否定していたのに──。

 そこで気になるのがダルビッシュの前嫁の紗栄子だが、ダルビッシュの交際宣言直前の「女性自身」(11月25日号)には気になる記事が。

「最近、紗栄子さんの人気が急上昇しているんです」

 えっ、紗栄子って昨年の嫌いなママタレランキングで堂々の1位じゃなかった? いつの間に人気者になったの? そんな疑問が浮かぶが実は、この人気はタレント・紗栄子のことではない。ママ友からの紗栄子の人気が急上昇らしいのだ。

 記事によると紗栄子は6歳と4歳の男児を都内のインターナショナル幼稚園に入れているが、今回、ママ友たちからの絶大な人気で次男のクラスの「クラスマザー」に選ばれたらしい。これは各クラスにおいて先生と保護者たちのコミュニケーションを取り持つPTAやリーダー的役割を担う、ママ友界の“ボス”となったのだという。

 世間やネットでは嫌われキャラの紗栄子だが実生活では意外にも好評価──。しかもこの幼稚園の一学年下にはママたちの憧れの的だった梨花の長男も在籍している。

「梨花さんは心なしか不機嫌な様子で…。『梨花さんの前では、紗栄子さんの話ができない』という声も出ています」(「女性自身」より)

 ママ友界の“マウンティングランキング”で紗栄子が梨花を抜き、下克上が起こったことを伝える記事。キャリアの上でも人気でもダントツだった梨花が、紗栄子に惨敗? そういえば梨花はファッション雑誌「sweet」の看板モデルを卒業してその後任は紗栄子だし、紗栄子は大物音楽プロデューサーで音楽家の大沢伸一との交際も伝えられたり、公私ともに順調らしいし。だったら、またもやママ友バトル勃発か!? と思いきや、しかしどうもこの記事はこじつけっぽい。

 紗栄子は現在27歳、そして梨花は41歳と結構な歳の差があり、ファンの世代がまったくちがう。モデル梨花に憧れていた人が、モデルとしての紗栄子に憧れの対象が変わるというのは、考えにくい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

35歳から子育てはじめました! ―マンガで楽しむ&悩みも解決コミック育児書 (Como子育てBOOKS)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

紗栄子vs梨花がママ友バトル!梨花が陥ったアラフォーママの落とし穴のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ママ友モデル林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画