芸人のおかんだけじゃない! ちまたの母ちゃんたちが破天荒すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kaachan_01_140828.jpg
『爆笑 母ちゃんカンベンしてくれ 心温まるおバカエピソード200連発!』(鉄人社)

 いまやすっかりバラエティの定番になってしまった芸人の“おかん”ネタ。実際に番組に出演し子ども以上に笑いをとってしまう母親も少なくない。少し前に『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で放送された「家族オカシイ芸人」でも、息子に、買ったモノの写真と金額をメールしておこづかいをおねだりするフットボールアワー・後藤輝基の母や、息子のためにネタを考えるアンガールズ・田中卓志の母など、キャラの濃い“母ちゃん”たちがひときわ笑いをとっていた。

 芸人の母ちゃんたちは破天荒なタイプが多いが、それに勝るとも劣らないのが、一般の母ちゃんたちだ。インターネットの掲示板などでは、日ごろの発言やメモ、手紙など発見された強烈な母ちゃん伝説がしばし話題になる。そこで今回は、母ちゃんたちの面白エピソードを集めた『爆笑 母ちゃんカンベンしてくれ』(鉄人社)から、ちまたの母ちゃんたちの底力を見てみよう。

 まずは母ちゃんならではの不可解な言動から。「冷蔵庫にぺたぺたと貼られた ヤマザキ春のパンまつりシール。何年前のからあるんだよ、これは」というのは、まだ序の口。テーブルに置かれたメモに「ビンラディンが殺害されたから今夜は各自で夕食何とかしなさい」とあった日には、あまりの言い訳に脱力してしまいそうだ。フットボールアワー後藤の母ほどではないが、母ちゃんから「お願い!! いよいよ雨の時期がやって来ました。第1回目の乾燥機代のカンパを宜しくお願いいたします。」と置手紙でおねだりされたら、払わざるを得ないだろう。

「遠く離れて暮らしているから」と安心できないのが、母ちゃんパワーのすごいところ。仕送りというかたちで愛情に包まれた爆弾が落とされるのだ。「なぜ仕送りで、うまい棒なん! 普通は、みかんとかやろ!」と段ボールにぎっしりに詰め込まれたうまい棒に呆れる子がいれば、「仕送りみかんの中にハッサクが…。マジックで書かなくても大きさでわかるよ」と、1個1個に「ハッサク」と書かれた果実に恐怖する子もいて、母ちゃんの愛情は千差万別だと思わずにはいられない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

爆笑 母ちゃんカンベンしてくれ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 稲田が自衛隊と米空母の訓練を秘密に
2 安倍政権の独裁国家並み情報隠蔽やり口
3 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
4 室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
5 自衛隊とカールビンソン共同訓練の裏
6 オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
7 「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
8 ガンバ大阪「ナチス旗」問題を取材検証
9 星野源が大衆ウケするようになった理由
10 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
11 エイベックス役員がグラドルに強姦未遂
12 国谷裕子がクロ現降板の舞台裏を告白!
13 中川俊直不倫醜聞は自民党の体質に原因
14 秋篠宮家の料理番がブラック告発
15 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
16 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
17 グッディ!土田マジギレ真の原因
18 ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
19 星野源の“壮絶”闘病生活
20 今村復興相がまた記者の質問を打ち切り
PR
PR
1玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
2自民が森友追及され逆ギレ強行採決
3オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
4室井佑月が山本太郎に迫る!(前編)
5「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
6ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
7安倍が北朝鮮危機煽りつつ桜を見る会
8キノコや筍を採るだけで共謀罪
9講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
10森友国有地取引で財務省主導の証拠が
11加計学園総帥が「首相の後ろ盾ある」
12安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
13「共謀罪」にアジカン後藤らが反対の声
14室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
15北朝鮮危機の最中に安倍はフィットネス
16 高畑勲が安倍を止められない苦悩を吐露
17有村治子議員がNHKに言いがかり
18三回忌を迎えた愛川欽也を偲ぶ!
19昭恵夫人のサミット機密漏洩に新証拠!
20安倍政権が自衛隊の対北武器使用指針
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」