キモヲタ男子が超人気「読モ」の“キラキラポエム”を読んでみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
dokumo_140818.jpg
『雨のち晴れでまた明日 立ち止まったとき、ボクらの心をささえる言葉77』(読モボーイズ&ガールズ編集部/KADOKAWA メディアファクトリー)

 なんか最近、みんながやたらポエムというものに心をふるわせているらしい。たしかに、我が家の液晶モニターの向こうに、スマホの液晶に、本屋の平台に、ラーメン屋の厨房に、居酒屋のトイレに、ポエマーたちによるポエムがあふれかえっている。

 さて、そんな世界に、究極の一冊が登場した。先日発売された書籍『雨のち晴れでまた明日 立ち止まったとき、ボクらの心をささえる言葉77』(読モボーイズ&ガールズ編集部/KADOKAWA メディアファクトリー)である。

 Twitterフォロワー総数100万人超の読者モデルによる「同年代の心をささえるフォト&メッセージBOOK」であるという本書。Åsaやこんどうようぢといった、若者やリア充にものごっつい人気を博している原宿系モデルたちが、「夢」「人間関係」「恋愛」について言葉を綴り、読者を感動の渦に巻き込んでいるらしいのだ。

 まあ、基本的には外に出ない、出たくもない、アニメ・マンガ・ゲームが大好きで、知らない人の前に立つと脂汗を出しながら視線を泳がせ、震える身体と震える声で、相手が図ろうとしているコミュニケーションを全力で押し返し、すぐに部屋にひきこもる筆者にとっては、人生で交わることがないと断言できる人々である。

 まあ、どうせあれだろう。読者モデルって、多額の金を服やメイクに注ぎ込み、クラブでらんちき騒ぎをおこして乱交パーティなんかしつつ、怪しげな会員制クラブに入り浸り、そこで成金ベンチャー社長に口説かれてほいほいついていったあげく、ドラッグとかにはまるような連中に決まっている。『闇金ウシジマくん』で見たんだから、間違いないはずだ。

 そんな連中が、心をささえてくれるっていったいぜんたいどのような言葉なのか。怖さ半分でパラパラッとめくってみたところ、なんだろう、このざわつくような、世界にひとりで放り出されたような気持ち。
 
 たとえば、「夢」について、雑誌「Popteen」(角川春樹事務所)で行われた「イケメン王者決定戦SNAP」で「イケメンNo.1」に輝いた実績を誇る大倉士門の言葉を引用してみよう。

「迷って迷って立ち止まったっていいやん。そんなにすぐ答えだしてさ、あとあと後悔するよりも、悩んで悩んで悩むほどほんまにいい答え出るし自分が納得いくようになってんねんて、自然と。遅すぎるってことなんてないんやで。生まれてから何年も何年も一緒にいる自分やろ? 自分がよぉわかってるはず。いっぱい悩もな。」

 どうだろう。こんな言葉が悩んでいる若者の心には、グサッと突き刺さるのだろうか。もし筆者が初対面でこんなことを言われた日には、「悩んだ末に無職になってしまったのですが、まだ悩んでいてもよろしいのでしょうか?」という本音を打ち明けることもできず、拳を握りしめて俯き気味に「はあ……」と言って、財布を置いてそそくさと立ち去ってしまうだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

雨のち晴れでまた明日 立ち止まったとき、ボクらの心をささえる言葉77

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

キモヲタ男子が超人気「読モ」の“キラキラポエム”を読んでみたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オンダヒロポエムモデルの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権にNOを突きつける芸能人
2 安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
3 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
4 平野、ケラ…作家たちが安倍政権にNO
5 救う会元幹部が安倍の拉致利用に怒り
6 中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
7 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
8 博士、町山が安倍と見城の癒着批判
9 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
10 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
11 安倍政権忖度でドキュメント番組が改変
12 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?
13 自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
14 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
15 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
16 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
17 自民党がネトサポに他党叩きを指南
18 民主解党論の裏にジャパンハンドラー
19 長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
20 原発事故前に安倍が地震対策拒否
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
5高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
6田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
7中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
10加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
11安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
12原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
13中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
14小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
15長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
16ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
17昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
18博士、町山が安倍と見城の癒着批判
19山口氏“捏造”記事に安倍政権が関与!
20 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」