野田ホーローはなぜ愛され続けるのか? 料理はふつうなのに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
noda_140731.jpg
『野田琺瑯のレシピ 琺瑯容器+冷蔵庫で、無駄なく、手早く、おいしく。』(野田善子/文藝春秋)

 東日本大震災以降、書店でよく目にするようになったのが、保存食のレシピ本である。それ以前にも、そういった方面に特化した本がなかったわけではないが、そこまで数は多くなかった。そして、食における「備える」という視点は、より日々の生活と密接に結びつき、近年の「常備菜レシピ本」ブームへという流れを生んだ。また同時に、『体脂肪計タニタの社員食堂〜500kcalのまんぷく定食〜』(大和書房)をはじめとする、いわゆる企業レシピ本ブームがあったことも記憶に新しい。こうした流行の上に位置付けられるのが、先日出版された『野田琺瑯のレシピ 琺瑯容器+冷蔵庫で、無駄なく、手早く、おいしく。』(野田善子/文藝春秋)である。

「野田琺瑯」は、今年で創業80年を迎える老舗琺瑯メーカーだ。台所用品としては、70年代に「漬物ファミリー」(漬け物保存容器・現在廃番)などのヒット商品を出すも、生活様式の変化からその需要は減少。さらに90年代に入ると、バブル崩壊の影響もあり琺瑯自体の売れ行きが落ち、日本全国の琺瑯メーカーが規模を縮小するようになる。しかし、2000年代に入り、野田琺瑯は「ホワイトシリーズ」を発売し、巻き返しを図ることに成功する。これは、名前の通り白色で、シンプルかつスタイリッシュなデザインの冷蔵庫用保存容器シリーズ。さまざまな形状・大きさがあり、用途に応じて使い分けることができるが、基本的にスクエア型・ラウンド型の2パターンで統一されているので、スタッキング可能なのも特徴だ。

 さて、そのシリーズの生みの親が、本書の著者・野田善子氏である。野田琺瑯株式会社の現社長・野田浩一の家に嫁いだ彼女は、預かった家庭の台所で自社製品を使ううちに、「もっと○○だったら便利なのに」という、いわば主婦目線の希望を持つようになる。そして、その意見を反映して作られたのが「ホワイトシリーズ」であり、今や野田琺瑯の主力商品となっているのだ。『野田琺瑯のレシピ』では、その人気保存容器シリーズを用いたレシピの数々が紹介されている。

 琺瑯といっても、鍋などの「調理器具」を用いたレシピならわかるが、保存容器で料理ってどういうこと? そんな疑問を抱かれる方もいるかもしれない。そこで、まずは本書で紹介されている「琺瑯を使いこなす7つの技」を見てみよう。

1 保存する
2 直火にかける
3 そのまま蒸す
4 オーブンに入れる
5 ボール代わりに
6 そのまま器に
7 お弁当箱にも

 野田琺瑯の琺瑯容器は、鍋やケトルと同じ材質なので、直火にかけることができ、熱伝導にも優れている。いわば「調理器具としての保存容器」なのだ(2~4)。また琺瑯は、表面がガラス質でできているため、細菌が繁殖しにくく、酸や塩分にも強い。内容物を変化させにくい特性から、保存容器としても素晴らしいパフォーマンスを発揮するのである(1)。さらに、シンプルかつ美しい造形は、そのまま食卓に出しても見栄えがいい(6)。つまり、鍋・器・保存容器と、ひとつで何役もこなすので、作業効率も上がるし、洗いものも減る、というわけだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

野田琺瑯のレシピ 琺瑯容器+冷蔵庫で、無駄なく、手早く、おいしく。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

野田ホーローはなぜ愛され続けるのか? 料理はふつうなのに…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。レシピ調理器具の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
2 衆院選極右候補者「ウヨミシュラン」
3 恐怖!安倍政権が存続した未来はこうなる
4 安倍政権にNOを突きつける芸能人
5 安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
6 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
7 平野、ケラ…作家たちが安倍政権にNO
8 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
9 中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
10 救う会元幹部が安倍の拉致利用に怒り
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 博士、町山が安倍と見城の癒着批判
13 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?
14 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
15 安倍、森友加計問題の説明する気なし
16 安倍政権忖度でドキュメント番組が改変
17 葵つかさが「松潤とは終わった」と
18 「不倫学」が教える防止策とは?
19 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
20 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
5高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
6田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
7中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
10自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
11加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
12安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
13原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
14中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
15小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
16長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
17ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
18安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
19安倍政権にNOを突きつける芸能人
20昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」