小学2年のときに父親から…元タカラジェンヌが告白した性的虐待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takarasienne_01_140710.jpg
『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』(講談社)

 暴力、育児放棄、ネグレクト──。子どもに対する虐待事件が毎日のように報道されている。そんな中でもなかなか表沙汰になる事がないのが“性的虐待”だ。親から性的虐待を受けた子どもは、その事実を周囲に打ち明けることが出来ず、大人になっても心に傷を持ったまま苦しみ続けているケースが多い。

 だが、果敢にもそれを告白した女性がいる。かつては宝塚歌劇団に所属していたこともある東小雪だ。小雪は2013年、東京ディズニーリゾートで初の同性カップルによる結婚式を挙げて話題になった女性だが、最近、自叙伝『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』(講談社)を出版。そこで実父に性的暴行を受けた過去を告白したのだ。

 1985年、金沢市で生まれた小雪は両親が大好きな普通の女の子だった。ナレーション事務所を経営する両親の元、3歳から子役の仕事をしたり、バレエやピアノなどの様々なお稽古ごとに通う恵まれた環境で育った。そう彼女自身も思っていた。しかし──。

 小雪は成長するにつれ、精神的に不安定となり、そのことで人生が大きく変ってしまう。小学校時代から原因不明の痙攣発作、難聴、視野狭窄、拒食症などの症状が出始め、小学2年生からは不登校となる。その後、健康を取り戻し憧れの宝塚歌劇団に入団するが、1年ほどで退団。その原因もプレッシャーや周囲の人間関係による精神状態の悪化だった。

 その後も自傷行為やオーバードーズを繰り返していたが、そんな時に出会ったのがヒプノセラピスト(催眠療法士)の岩本令子氏だった。彼女のカウンセリングを受け、小雪は封印されていた記憶を次第に蘇えらせていく。それが実父による性的虐待だった。

「お風呂場で、父に何をされているのか、わからなかった(中略)大好きな父が『たいせつなところも洗おうね』と言いながら、身体を洗ってくれる。(中略)
浴槽のなかで向かい合うようにして、軽々と私を抱える父。父のものとしか思えない屹立した成人男性のペニス。風呂上がりの濡れた髪のまま、居間のすみで膝を抱えて震える私」

 こうした虐待は幼少期から始まり、そして小学2年生のときには、セックスにまでエスカレートしたという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

小学2年のときに父親から…元タカラジェンヌが告白した性的虐待のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。LGBT宝塚東小雪虐待の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも