PC遠隔操作事件で話題のサイコパスは政治家や経営者、医者にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
spychopath_01_140707.jpg
『サイコパス 秘められた能力』(NHK出版)

 ウイルスを感染させたパソコンを遠隔操作し、飛行機の爆破や商店街での無差別殺人などの犯罪予告をインターネット上で行った、いわゆるパソコン遠隔操作事件。この一連の事件においてハイジャック防止法違反などの罪に問われている片山祐輔被告は2014年2月の初公判から無罪を主張してきたが、5月20日に一転、全ての罪を認めた。「真犯人」を名乗るメールを報道機関やジャーナリストらに送付していた人物が保釈中の片山被告であると捜査機関に断定された事がきっかけだった。

 無実だと信じ弁護を続けてきた佐藤博史弁護士は会見で、片山被告が“嘘を平気でつける。意図的でなく、自然に嘘が出てくる”と自身を分析していることを明かした。また、「(以前は)『真犯人はサイコパス』と言っていたが、今日(身柄拘束された日)は『自分がそうなんだ』と言っていた」とも。「たしかにだまされた。私より彼のほうが少し上回っていた」と佐藤弁護士もその嘘つきぶりについては認めている。

 片山被告は真犯人、つまり自分をサイコパスだと思っていたということだが、そもそもサイコパスとは何なのか。日本においては反社会性パーソナリティ障害とも呼ばれているサイコパス、『サイコパス 秘められた能力』(ケヴィン・ダットン著、小林由香利翻訳/NHK出版)には、心理学者のロバート・ヘアが発表したサイコパシー・チェックリストが引用されている。

 これは1問2点、20項目の設問から成る。ほとんどの人は2点前後だが、サイコパスの入門レベルは27.6点だという。このチェック項目の一部を挙げると「口がうまい」「良心の呵責や罪悪感がない」「病的な嘘」「他人をだます/操る」「情動が希薄」「暴走しやすい」「過大な自己評価」などだ。このチェックリストをもとに専門家が面接を行って診断する。

 サイコパスといえば悪人というイメージも根強いが、そうではない職業に就いているものも多くいるようだ。サイコパスの連続殺人犯によく見られる特徴「うぬぼれの強さ」「説得力」「外面の良さ」「冷淡さ」「やましさを感じないこと」「他人を操る事」これらは政治家や世界の指導者にも共通しているという。実際にサイコパス度の高い職業として著者は、企業の最高経営責任者や弁護士、外科医などを挙げている。サイコパス度が高くとも犯罪に手を染めず社会に順応しているものも多くいるというのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

サイコパス 秘められた能力

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

PC遠隔操作事件で話題のサイコパスは政治家や経営者、医者にものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サイコパス殺人精神鑑定の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした