『嫌われる勇気』を読んで考えた「自己啓発を捨てる勇気」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
Adler_0701.jpg
『嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社)

 心理学者アドラーの思想を解説した『嫌われる勇気──自己啓発の源流「アドラー」の教え』(岸見一郎、古賀史健/ダイヤモンド社)がバカ売れしているという。昨年末の刊行以来すでに20万部を超えるベストセラーになっているそうだ。出版業界の低迷が叫ばれる昨今、そうした中では大ヒットの数字である。こんなに売れているなら乗るしかない、というわけで、さっそく私も読んでみた。

 オーストリア出身の精神科医・心理学者アルフレッド・アドラー。フロイト、ユングと並んで現代心理学の基礎を築いた三大巨匠の一人と目されるにもかかわらず、日本ではこれまで無名といっていい存在だった。まずはこの巨匠の名が広く知られるようになったことを喜びたい。

 では、本の内容はどうか。これが思った以上によく出来ている。売れるのも納得だ。アドラーの思想には、人間心理についての常識を逆なでするようなところがある。象徴的なのは「トラウマ」をいっさい認めない点だ。たとえば、友人が引きこもりになったとする。私たちは普通それには何かしらの原因があると考える。他人から受けたいじめのせいで外に出られなくなったのだ、という具合に。でもアドラーが言うことは逆だ。「不安だから外に出られない」のではなく「外に出たくないから不安をつくりだしている」と言うのである。引きこもりはたしかに辛いかもしれないが、それによって彼は何かしらの利益、たとえば身の安全や親からの注目といった利益も引き出しているのだ。このように「過去の原因」ではなく「いまの目的」を考えるのがアドラー心理学だ(この考えは「目的論」と呼ばれる)。本書はこのような一見非常識的とも思えるアドラーの思想を生き生きと伝えることに成功している。

 ただ、本書が売れている背景を想像してみると、なんともやるせない気持ちになってくるのである。それは、私たちの自己啓発書の消費の仕方が、悲しくなるほどアドラーの教えと乖離しているからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『嫌われる勇気』を読んで考えた「自己啓発を捨てる勇気」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。読書の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画