高畑勲監督が最後に遺した無念の言葉「これで安倍政権が崩れないのが信じられない」「自由で公平で平和な国で死にたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

高畑監督が発言しつづけた「『火垂るの墓』では戦争を止められない」理由

 高畑監督は“戦争のできる国”づくりをなんとか止めようと、積極的に発言し、行動を起こしていた。

 2014年には特定秘密保護法に反対するデモに参加。その後もデモへの参加は継続しながら、15年の安保法制の際には講演会などでメッセージを発信し、また、沖縄基地問題にも精力的に関わっている。

 16年には、実際に辺野古と高江に足を運んだほか、警視庁機動隊員の派遣中止を東京都公安委員会に勧告するよう求める住民監査請求に請求人のひとりとして参加。その年の年末には、高江ヘリパッド建設中止を求めるアメリカ大統領宛の緊急公開書簡の賛同者にも名を連ねた。

 高畑監督をつき動かしていたのはもちろん、自らの戦争体験を通じた、戦争への恐怖だろう。1935年生まれの高畑監督は先の戦争で、その恐ろしさを嫌というほど体験している。小学校4年生のときには空襲を受けた。空襲の夜、焼夷弾が降り注ぐなか、高畑監督は姉と2人、裸足で逃げたのだ。爆弾の破片が身体に突き刺さり失神した姉を必死で揺り起こしたりもしたという。一夜明け、自宅のほうに戻ると、遺体だらけだったという体験も語っている。

 代表作である『火垂るの墓』があれだけ人々の感情を揺さぶり、高い評価を得たのも、そんな高畑監督のリアルな戦争体験と戦争への思いが強く反映されていたからだろう。

 だが、その高畑監督は近年、「『火垂るの墓』では戦争を止められない」と発言するようになっていた。

『火垂るの墓』を観たときに多くの人が抱くのは、なんの罪もない幼い兄妹・清太と節子が戦争に巻きこまれ、死に追いやられることへのやり場のない怒りと悲しみだ。そして、やさしいはずの親戚さえ手を差し伸べなくなるという、戦争のもうひとつの恐ろしさを知る。死にたくない、殺されたくない、あんなひもじい思いは絶対にしたくない──そういう気持ちが生まれる『火垂るの墓』は反戦映画だと多くの人が認識しているし、実際、学校などでも「戦争という過ちを犯さないために」という理由で『火垂るの墓』が上映されることは多い。

 しかし、高畑監督は、もっとシビアに現実を見つめていた。神奈川新聞(15年1月1日付)のインタビューで、高畑監督はこう語っている。

「『火垂るの墓』は反戦映画と評されますが、反戦映画が戦争を起こさないため、止めるためのものであるなら、あの作品はそうした役には立たないのではないか」
「攻め込まれてひどい目に遭った経験をいくら伝えても、これからの戦争を止める力にはなりにくいのではないか。なぜか。為政者が次なる戦争を始める時は「そういう目に遭わないために戦争をするのだ」と言うに決まっているからです。自衛のための戦争だ、と。惨禍を繰り返したくないという切実な思いを利用し、感情に訴えかけてくる」

 また、昨年4月、東京・ポレポレ東中野で行われた、映画監督・三上智恵氏とのトークイベントで同様に、こう語っていた。

「『火垂るの墓』のようなものが戦争を食い止めることはできないだろう。それは、ずっと思っています。戦争というのはどんな形で始まるのか。情に訴えて涙を流させれば、何かの役にたつか。感情というのはすぐに、あっと言うまに変わってしまう危険性のあるもの。心とか情というのは、人間にとってものすごく大事なものではあるけれども、しかし、平気で変わってしまう。何が支えてくれるかというと、やはり『理性』だと思うんです。戦争がどうやって起こっていくのかについて学ぶことが、結局、それを止めるための大きな力になる」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

高畑勲監督が最後に遺した無念の言葉「これで安倍政権が崩れないのが信じられない」「自由で公平で平和な国で死にたい」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部高畑勲の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 タモリと中園ミホの不倫密会を完全スルー!
2 くりぃむ上田が赤坂自民亭を一刀両断!
3 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
4 枝野が怒りのフィリバスター「安倍首相はクソ」
5 山本太郎を評価せよ!
6 グッディ!土田マジギレ真の原因
7 キムタク「両親と絶縁」は静香の影響
8 志らくが『ワイドナ』でも赤坂自民亭めぐり大嘘
9 災害よりカジノ優先の安倍に山本太郎が激怒!
10 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
11 TBS宇垣アナが夫婦別姓反対派を一蹴
12 山本太郎が安倍に放火未遂スキャンダルを質問
13 カジノ法案強行成立の背後にまた“アベ友”
14 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
15 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
16 伊勢谷友介は勝間和代がタイプ
17 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
18 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
19 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
20 生活保護叩きする前に吉岡里帆ドラマを見ろ
1安倍が豪雨災害対策を放置し飲み会優先
2山本太郎が安倍に放火未遂スキャンダルを質問
3安倍の豪雨対策そっちのけ飲み会に非難轟々!側近も
4 安倍が災害対応よりカジノ法案優先
5 枝野が怒りのフィリバスター「安倍首相はクソ」
6災害よりカジノ優先の安倍に山本太郎が激怒!
7タイ洞窟少年にまで自己責任バッシングする日本
8加藤剛が「安倍政権は憲法違反の政権」
9災害放置の安倍首相が“やってる感”だけ演出
10くりぃむ上田が赤坂自民亭を一刀両断!
11アベ友・八木秀次に1200万もの公金横流し
12安倍への忖度?山口県警が安倍系建設会社の捜査握り潰し 
13 安倍が災害66時間放置をなかったことに
14 百田尚樹がお茶大LGBT入学に差別攻撃
15志らくと八代弁護士が赤坂自民亭を擁護
16志らくと春蝶が赤坂自民亭めぐり安倍ポチ全開
17カジノ法案強行成立の背後にまた“アベ友”
18生活保護叩きする前に吉岡里帆ドラマを見ろ
19大飯原発逆転再稼働の裏に裁判所の策謀
20アベ友の道徳教科書が不正売り込み

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄