ジャニーズ御用「女性セブン」が山下智久の“二股”を報じた裏! 山Pが飯島マネ、SMAP独立組と合流?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sebun_01_20180212.png
山下新恋人を報じた「女性セブン」(小学館)


「山下智久11歳年下テラハ美女とハワイ それでも切れない石原さとみと未練の夜」

「女性セブン」(小学館)2月22日号がこんな見出しで、山Pこと山下智久の“二股”を報じた。

 記事では、まず山下と新恋人とのお忍びハワイ旅行を報じている。新恋人は人気番組『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』(通称テラハ フジテレビ)で“番組史上NO1美女”との触れ込みでブレイクしたモデルNikiだ。記事によると、山下とNikiは1月下旬、ハワイの「トランプインターナショナル」に滞在し、1週間ほどバカンスをたのしんだという。

 山下といえば、石原さとみと数年前から交際が報じられてきたが昨秋ごろから破局説も流れており、やはり現在はこのNikiが恋人で、石原とは破局していたのかと思いきや、記事はそれだけでは終わらない。Nikiとのハワイ旅行から帰国した数日後、山下は別れたはずの石原の自宅を訪れたことも報じられているのだ。

 自主規制なのか、記事には「二股」「浮気」という文字こそ一切なく、“石原さとみと別れた”ことを強調していたが、暴いた事実関係は明らかに二股といわれておかしくないもの。

 しかし「女性セブン」といえば、本サイトの読者ならご存知のとおり、バリバリの“ジャニーズ御用”週刊誌。その「セブン」がなぜ、ジャニーズの人気タレントである山下のスキャンダルをここまで大々的にかつ詳細に報じているのか。二股疑惑はもちろんただの熱愛旅行ですら、通常ならあり得ない記事だ。

「スクープしたのがジャニーズの御用週刊誌『セブン』ですから、今回の記事については諸説、取り沙汰されています。ネタ元がジャニーズそのものだというものや、逆に山下との破局を決定的にしたい石原の所属事務所ホリプロ説、さらにはNikiと宿泊したハワイのホテルの部屋がバーニング系列の会社社長所有だったことからバーニング系のリーク説もある。しかし情報源がどこであれまちがいないのは、ジャニーズが、山下のスキャンダル掲載をOKしたということです」(週刊誌記者)

「女性セブン」が、どんな小さなネタであっても、ジャニーズタレントに関する記事をジャニーズ事務所におうかがいをたてることなく掲載することはない。今回の山下の記事についても了承スミ。それどころか「どんどん書け」と煽っていたという話まであるのだ。

 この背景には、SMAP独立問題とそれを生んだ派閥抗争の影響がある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ジャニーズ御用「女性セブン」が山下智久の“二股”を報じた裏! 山Pが飯島マネ、SMAP独立組と合流?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ女性セブン山下智久時田章広石原さとみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画