小泉今日子の不倫告白でワイドショーが触れないあの部分!“バーニングタブーへの自戒”を“不倫謝罪”に歪曲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
小泉今日子の不倫告白でワイドショーが触れないあの部分!バーニングタブーへの自戒を不倫謝罪に歪曲の画像1
周防社長が小泉をベタ褒めした「MEKURU」(Gambit)VOL.7

 小泉今日子が所属事務所バーニングプロダクションから独立したことを公表する際、交際中の俳優・豊原功補がまだ離婚しておらず、いわゆる「不倫」関係であることを明かした一件。バーニングタブーに支配されているワイドショーがどういう報道をするのか注目していたが、やっぱり案の定だった。

 バーニングから独立したことですっかり安心したのか、各ワイドショーはこれまでなら絶対やらなかった小泉への直撃取材の映像を流したり、当時は一切報じなかった「フライデー」の第一報を紹介したりしながら、この一件を一斉に報じたのだが、肝心なことを一切伏せてしまったのだ。

 それは、小泉が豊原の家族に謝罪した理由だ。小泉は2015年に設立した自らの制作会社の公式サイトにアップした文章で、自分がスタッフに〈ご家族に迷惑を掛けないように守って欲しい〉と伝えた結果、豊原が離婚しているという誤報が流布され、家族の存在自体が伏せられてしまったとして、〈ご家族にはお詫びの言葉もございません〉と語っていた。

 つまり、バーニングの情報操作によって、豊原が離婚したことにされたことその情報操作に自分も加担して、豊原の家族を傷つけたと詫びたのだ。

 しかも、情報操作には触れず家族への謝罪だけを報じられたため、まるで、小泉が不倫をしたことに対して〈ご家族にはお詫びの言葉もございません〉と語ったように、事実をねじまげられてしまった。

 小泉の名誉のために言っておくが、小泉はあの文章の中で、自らが既婚者の豊原と「恋愛関係」にあることについては、一言も謝罪していない。小泉はおそらく、独立に際してバーニングタブーに守られてきた自分にけじめをつけるために、あの文章を発表したのだ。

 しかし、小泉の勇気ある行動は、結局、マスコミのバーニングタブーによって、なかったことにされようとしている。

 本サイトは小泉が独立と不倫を明かした翌日アップした文章を掲載したうえで、豊原との不倫をめぐるマスコミ報道やバーニングの動きを検証する記事を配信した。その記事を改めて掲載するので、ぜひ小泉の真意をくみとってほしい。
(編集部)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

小泉今日子の不倫告白でワイドショーが触れないあの部分!“バーニングタブーへの自戒”を“不倫謝罪”に歪曲のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニング小泉今日子編集部豊原功輔の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 麻生太郎が愛人の店に2360万円
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
13 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 財務次官セクハラが海外メディアでも
17 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
18 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも