リテラの新年特別企画

村本大輔、マツコ、水道橋博士、水原希子…炎上に負けず政権批判や反差別を貫いた芸能人「よく言った大賞」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
村本大輔、マツコ、水道橋博士、水原希子…炎上に負けず政権批判や反差別を貫いた芸能人「よく言った大賞」の画像1
左・村本大輔『村本論』(小学館)/右・『5時に夢中』(TOKYO MX)番組HPより


 芸能人が少しでも権力者を批判するような発言をするや、ネトウヨが束になって襲いかかり、大炎上させられるどころか、テレビから干されてしまう。一方、権力を擁護し、弱者を叩く発言をすると、喝采を浴び、テレビ出演や企業がらみの講演が殺到し、瞬く間に売れっ子になる。
 その結果、空気を読むのに長け、政権や強いものに媚を売るタレントばかりがテレビを席巻するようになった。
 しかし、そんな状況でも、権力に対しおかしいことは「おかしい」とはっきり口にし続ける勇気ある芸能人や文化人は存在している。
 そんな芸能人、文化人を称えようと、リテラが毎年、選んでいるのがこの「芸能人よく言った!大賞」だ。
 ま、リテラに褒められたところで誰もうれしくなないだろうし、下手をしたら、「ネガティブな反応が増えるだけ」と迷惑がられるかもしれない。
 でも、本サイトはそれでも彼らの勇気を称えたい。彼らが言葉を発してくれたおかげで、沈黙していた国民が励まされ、権力に「NO」を突きつける声が確実に増えているのだ。黙っていられるはずがない。
 ということで迷惑を承知で選ぶ「芸能人よく言った!大賞」。8位から順番にお届けしよう!

★8位 明石家さんま
政治的発言のイメージがない大物芸人の意外な「日本の戦争加担」への抗議活動

 明石家さんまといえば、政治や社会に関する真面目な発言をするイメージがない人も多いのではないだろうか。それゆえ、ビートたけしには〈反射神経と言葉の選択のセンスは凄い。ただ、いかんせん教養がない〉(『バカ論』新潮社)などと悪口を言われてしまったりもするのだが、しかし、実はかなり本質的で踏み込んだ政治的発言もしている。
 11月に放送された『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)のなかで、さんまは日本が多額の拠出金を出していた湾岸戦争の時期、「俺はね、人殺しのアシストしたくて働いてるんじゃない」「こんなもんに金使うんだったら、俺は納めません」と税務署まで直接文句を言いに行ったことがあるというエピソードを披露したのである。
 実はこれは数年前に『さんまのまんま』(フジテレビ系)でも語られたことがあるエピソードだ。しかし過去の出来事とはいえ、さんまがあえていまこのエピソードを披露したのは、安倍首相とトランプ大統領がひたすらに押し進める「戦争の機運」への危機感を感じ取ったからではないだろうか。
 来年は、湾岸戦争の時期のことだけではなく、「いま」の安倍政権の戦争加担について直接、批判してくれることを期待して、8位に選ばせてもらった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

村本大輔、マツコ、水道橋博士、水原希子…炎上に負けず政権批判や反差別を貫いた芸能人「よく言った大賞」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AAASKY-HIほっしゃんウーマンラッシュアワーマツコ・デラックス佐野元春日高光啓明石家さんま星田英利村本大輔水原希子水道橋博士の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
2 高プロ法案の強行採決を許すな!
3 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
4 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
5 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
6 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
9 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
10 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
15 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
16 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
18 愛川欽也が「安倍に殺される」と
19 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
20 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4安倍の加計との面会否定が信じられない理由
5是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13星田、村本、博士がデモ批判に反論
14山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
15安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
16石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
17弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
18自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
19柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ
20高プロ法案の強行採決を許すな!