元SMAPの稲垣・草なぎ・香取が解散・独立について初告白「絶対に捨ててはいけないものがあった」一方ジャニーズ圧力でテレビは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ジャニーズ圧力に抗い、香取・草なぎ・稲垣を応援する芸能人たち

 権力にただひれ伏すだけのテレビ。しかし、「新しい地図」の3人には味方もいる。それは、権力とのしがらみのない、あるいは権力を恐れず3人をバックアップしようという芸能人たちの存在だ。

 たとえば先月末、『全日本仮装大賞』(日テレ)の司会を萩本欽一とともに香取が続投することが発表された。しかし『仮装大賞』といえば、今年の『24時間テレビ 愛は地球を救う』内で放送された際には香取が司会から外されていた。だが、一部報道によると、萩本は「慎吾が出ないのなら、僕も出ません!」と訴えつづけ、その結果、香取の続投が決まったというのだ。

 さらに、先日の『72時間ホンネテレビ』では、ジャニーズ事務所に配慮して一切タレントを出演させなかった吉本興業とは対照的に、多数の所属タレントが出演したのが浅井企画だった。浅井企画は、もともとは萩本欽一と坂上二郎のために立ち上げられた会社。つまり、欽ちゃんはそうしたキャスティング面でも3人を全面的にバックアップしていたのである。

 それだけではない。香取は本日26日7時から放送されるフジテレビのトーク番組『ボクらの時代』に、親友である山本耕史とキャイ〜ン・天野ひろゆきとともに出演するが、これも本人のツイートによると〈山本耕史がボクとあまのっちを呼んでくれました!〉という。

 山本と香取のふたりはNHK大河ドラマ『新撰組!』で共演し、演じた近藤勇と土方歳三さながらに友情を深めたことは有名な話。だが、『72時間ホンネテレビ』では、山本だけではなく、『新撰組!』で共演した佐藤浩市やオダギリジョー、谷原章介、脚本を担当した三谷幸喜もゲスト出演して場を盛り上げた。くわえて、『SMAP×SMAP』(フジ)において香取が「市川カニ蔵」としてキャラに扮していた縁がある市川海老蔵や、映画『人類資金』で香取を起用した阪本順治監督など、香取を慕う人びとが数多く応援に駆け付けたのだ。

 SMAP時代の香取といえば、「芸能人とは友だちになりたくない」と公言し、共演者とも連絡先の交換をしないなどの非社交的な逸話を数多くもっていた。しかし、こうして「何もないところからのスタート」を余儀なくされたとき、萩本をはじめ、少しでも力になろうと手を貸す人びとはこんなにもいたのだ。そして内向的だった香取自身もまた、いま、変わりはじめているのではないか。

「GQ JAPAN」のインタビューで稲垣は、「「あぁ、あの時ああしておけばよかった」と思うこともなくはない」と語りつつ、「こっちを選んだ方がこれからの人生をより理想に近いかたちで進んで行くことができるのかな、自分を肯定して迷わずに行けるのかな、と思いました」と、独立を選んだ理由を述べている。

 安泰な道を捨ててまで茨の道を選ぶ。その決心をした3人が不当な圧力に負けないよう、権力になびかない芸能人たちによるバックアップがつづいていくことを祈らずにはいられない。同時に、テレビ局のジャニーズ忖度にも目を光らせつづけなければならないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

元SMAPの稲垣・草なぎ・香取が解散・独立について初告白「絶対に捨ててはいけないものがあった」一方ジャニーズ圧力でテレビは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ稲垣吾郎編集部草なぎ剛香取慎吾の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
11 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
15 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
16 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
17 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 葵つかさが「松潤とは終わった」と
20 原発広告に文化人や芸能人が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画