『妖怪ウォッチ』で大ブレイクしたDream5元リーダーがエイベックスのブラックぶりを暴露…月給2万円で、事務所移籍後は圧力が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『妖怪ウォッチ』で大ブレイクしたDream5元リーダーがエイベックスのブラックぶりを暴露…月給2万円で、事務所移籍後は圧力がの画像1
重本ことり『黒い小鳥』(鉄人社)

『妖怪ウォッチ』(テレビ東京)エンディングテーマ「ようかい体操第一」が大ヒット、2014年末の『第65回NHK紅白歌合戦』にも企画コーナーではあったものの見事出場を果たしたDream5。

 同グループは、惜しまれながらも昨年いっぱいで活動を休止。リーダーの重本ことりは、エイベックス・マネジメントとの契約を終了し、別事務所に移籍している(活動休止時に所属していた他メンバー、日比美思、大原優乃、高野洸の3人はそのままエイベックス・マネジメントで芸能活動を継続)。

 先日、その重本ことりが自伝本『黒い小鳥』(鉄人社)を出版した。この本のなかでは、両親との微妙な関係、学校では芸能人であることを理由にしたいじめに遭っていたこと、「ようかい体操第一」以降に態度を急変させた周囲の人間への違和感、仕事に向かう姿勢をめぐりDream5の他のメンバーに感じていたわだかまりなど、古くからのファンにはなかなかショッキングな事実が次々と暴露されている。

 そのなかのひとつとしてDream5時代の収入についても明かしているのだが、その額がなかなか非人道的な額なのだ。

〈当時、事務所から振り込まれてくる給料は家賃の立て替え分を差し引いて月2万円程度。両親からの仕送りと合わせて5万円。
 高校3年間の学費は事務所に借り、給料から差し引かれていました。
 給料は18歳まで両親の口座に一度振り込まれ、その一部が私のところに振り込まれていましたが、こんなに働いているのに一向に生活は豊かにならない〉

 千眼美子(清水富美加)が前所属事務所であるレプロエンタテインメントから支払われていた給料を「月給5万円」と明かしたのは記憶に新しい。重本の場合は高校の学費や家賃などが天引きされているようなのでそれと単純比較はできないものの、それでも月2万円では生活に困るだろう。

 Dream5が世間的に大ブレイクしたのは確かに14年リリース「ようかい体操第一」以降だが、それまでも鳴かず飛ばずのグループだったわけではない。09年に『天才てれびくんMAX』(NHK Eテレ)の番組企画としてグループが発足されて以降、当時勃興しつつあった「アイドル戦国時代」における主力プレイヤーの一組としてメディアでも頻繁に取り上げられていた。そうした活動は着実に数字に結びつき、12年リリースのシングル「シェキメキ!」ではオリコンウィークリーチャートで10位を獲得。13年には1000人規模のライブハウス赤坂BLITZでワンマンライブを行うなどしている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『妖怪ウォッチ』で大ブレイクしたDream5元リーダーがエイベックスのブラックぶりを暴露…月給2万円で、事務所移籍後は圧力がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
15 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも