安倍首相が「安倍独裁とか言われて…」とグチ! 見城徹ら応援団は「そんなことない」「私利私欲がない」「嘘が言えない」と露骨ヨイショ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abekenjo_01.jpg
abemaTV「徹の部屋」10月8日放送回より、見城徹・幻冬舎社長と安倍晋三首相


 昨日おこなわれた日本記者クラブ主催の党首討論会で、森友・加計問題の追及を久々に受けた安倍首相。国会では野党からの追及に耐えきれずキレまくっていたように、解散することで逃げたつもりだった追及をテレビで生中継されているなかで受け、さぞかし怒り心頭だっただろうと思われるが、しかし、その日の夜、安倍首相は満面の笑みを浮かべていた。

 というのも、安倍首相は昨晩、AbemaTVに生出演し、幻冬舎社長・見城徹の番組「徹の部屋」に登場したからだ。

 見城といえば、言わずと知れた安倍首相の「お友だち」のひとりで、『約束の日 安倍晋三試論』(小川榮太郎)、『総理』『暗闘』(山口敬之)といった政権PR本を出版。一方、秋元康らと安倍首相を中心にして撮られた「組閣ごっこ写真」におさまっていたことでも有名で、テレビ朝日の番組審議会の委員長をつとめることから安倍首相と頻繁に会食をおこなっている同局の早河洋会長を繋げた人物である。そして、『報道ステーション』のプロデューサー更迭や古舘伊知郎の降板にも一枚噛んでいるとも囁かれてきた。

 そんなフィクサー的な役割をつとめてきた見城にくわえ、この番組では、有本香や元テレビ朝日記者の末延吉正といった安倍応援団ジャーナリストらも出演。その放送は、異常なテンションではじまった。

 冒頭から見城氏が「ずーっと安倍さんのファン」「日本の国は安倍さんじゃなきゃダメだ」と連呼し、番組アシスタントのタレント・大石絵理に安倍首相の第一印象を語らせた。すると、こんな会話が繰り広げられた。

大石「ダンディでかっこいい方ですよね」
見城「すごくハンサムですよ。内面が滲み出ているお顔ですよ」
大石「嘘が苦手そう」
見城「ほんとうにね、信義に厚い方。私利私欲がない。だから足も引っ張られやすい」
末延「安倍さん、いい人なの。正直だから嘘言えない。ちょっと口下手なところがある」

 私利私欲がない、嘘が言えない……? いったいどこの安倍さんの話をしているのだろうか。自分の疑惑隠しのために解散権を濫用し、国会では「今年の1月20日まで加計学園の獣医学部新設計画を知らなかった」などとあからさまな嘘をつく、この人が? もうさっぱり意味がわからないが、当の安倍首相はオープニングから褒めちぎられて大喜び。「きょうはね、そうやって褒めていただいて、ほんとうにうれしいですよ」と顔をほころばせた。

 だが、恐ろしいことに、見城の露骨なヨイショはずっとつづいた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

安倍首相が「安倍独裁とか言われて…」とグチ! 見城徹ら応援団は「そんなことない」「私利私欲がない」「嘘が言えない」と露骨ヨイショのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三幻冬舎編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画