タトゥーの彫り師が医師法違反で有罪に! 入れ墨への偏見が背景に…町山智浩、鴻上尚史、菊地成孔らが指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
irezumi_160609_top.jpg
宮下規久朗『刺青とヌードの美術史 江戸から近代へ』(日本放送出版協会)

 9月27日、医師免許を持たずに客に入れ墨を施したとして、医師法違反の罪に問われた彫り師の判決公判が行われた。結果として、「保健衛生上の危害が出る恐れがあり、医療行為に当たる」としたうえで、罰金15万円の判決がくだされた。

 ここ数年争われてきた、「タトゥー施術は医療行為か否か」という問題について、ここでいったん国側から「医療行為である」という結論が出たことになる。

 これに対し、被告は即日控訴。判決後、メディアの取材に応じた主任弁護人の亀石倫子弁護士は「医師でなければタトゥーを彫ることが出来ないとしたら、この国から彫り師という職業はなくなります。日本の文化、伝統が失われます」、「タトゥーは日本の社会で嫌われがちな存在です。そんな人たちの権利や自由なんてどうでもいい、そういう社会を今日の判決は肯定するんです」と怒りを表明し、今後も争う姿勢を強調している。

 今回くだされた「彫り師には医師免許が必要」という判決はどう考えても行き過ぎであり、あまりにも現実を無視したものである。

 この裁判については、これまでにも著名人から疑問の声が漏れていた。

 たとえば、劇作家の鴻上尚史氏は「SPA!」(扶桑社)2017年5月16日号の連載コラム「ドン・キホーテのピアス」のなかでこのように綴り、国側の強引なやり口を批判している。

〈なんだかよく分からない裁判です。彫師になるためには医師免許が必要となれば、彫師という職業は日本から消えるでしょう。つまり、警察と検察は入れ墨(tattoo)の存在を日本から消そうとしているとしか思えません。本気なんでしょうか〉

 また、ジャズミュージシャンで文筆家の菊地成孔氏は、ウェブサイト「withnews」17年5月3日付のインタビューでこの問題についてこのように語っている。ちなみに、菊地氏自身も左腕にタトゥーを入れている。

「体制のやり方ってのは、風営法のダンス規制とまったく同じ。法律の拡大解釈によるイジメでしょう。警察の力を示すための示威行為ですね」

 入れ墨を入れる文化は日本において伝統的に行われていることであり、そのうえ、近年では海外のファッションタトゥーの影響もあって、その敷居はかつてより低くなっている。

 今回のような判決が出たからといって彫り師がいなくなることはないだろうし、その需要がなくなることもない。ではどうなるのか。彫り師は地下に潜り、誰の目にも触れないところで施術が行われるようになるのは明白だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

タトゥーの彫り師が医師法違反で有罪に! 入れ墨への偏見が背景に…町山智浩、鴻上尚史、菊地成孔らが指摘のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画