正気か? 安倍首相が加計問題ごまかしのため「獣医学部の全国展開」宣言! 不要な規制緩和でこんなとんでもない事態が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
正気か? 安倍首相が加計問題ごまかしのため「獣医学部の全国展開」宣言! 不要な規制緩和でこんなとんでもない事態がの画像1
首相官邸ホームページより


 厚顔無恥とはこのことをいうだろう。安倍首相が24日、神戸のホテルで開かれた「正論」懇話会で講演し、加計疑惑について「プロセスに一点の曇りもない」と全面否定したうえ、なんと、「獣医学部、全国展開!」を宣言した。

「1校に限定して特区を認めた中途半端な妥協が、結果として国民的な疑念を招く一因となった」「規制改革推進の立場から、速やかに全国展開を目指す。今治市に限定する必要はない。速やかに全国展開を目指したい。地域に関係なく2校でも3校でも意欲あるところは新設を認める」

 よくもまあ、いけしゃあしゃあとこんなことがいえたものである。獣医学部新設を加計学園1校に限定したのは、文科省でもなければ、日本獣医師会でもない。官邸がどこよりも早く加計に絞るよう圧力をかけていたことは、先日、文科省が公開したメールからも明らかになったばかりだ。

 このメールは昨年11月、内閣府から文科省に送られたもので、国家戦略特区諮問会議での獣医学部新設の原案が添付されていたのだが、その「現在、獣医師系養成大学等のない地域において」という文言に、手書きで「広域的に」などと、当時、同じく獣医学部新設に名乗りを上げていた京都産業大学を排除する表現が書き加えられていた。そして、メールの本文には、こう書かれていた。

〈添付PDFの文案(手書き部分)で直すように指示がありました。指示は藤原審議官曰く、官邸の萩生田副長官からあったようです。〉

 ようするに、安倍首相は「腹心の友」である加計学園に利益誘導するために今治市だけを特区指定しながら、その不正の証拠がどんどん発覚して批判されると、今度は「全国展開」などと言い出したのである。

 その病的な嘘つきぶりには、寒気すら覚えるが、もっとおそろしいのは、安倍首相が自分の不正を覆い隠すために、さらに無茶苦茶な政策を推し進めようとしていることだ。獣医学部の新設を全国展開などしたら、いったいどんなことになるのか、この男は本当にわかっているのか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

正気か? 安倍首相が加計問題ごまかしのため「獣医学部の全国展開」宣言! 不要な規制緩和でこんなとんでもない事態がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。加計学園安倍晋三編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
8 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評