乃木坂46の「恋愛禁止」ルールをめぐって議論勃発…変わりゆくアイドルの恋愛ルール違反ペナルティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
乃木坂46の「恋愛禁止」ルールをめぐって議論勃発…変わりゆくアイドルの恋愛ルール違反ペナルティの画像1
「週刊文春」(文藝春秋)2017年2月9日号

 乃木坂46に「恋愛禁止」ルールはあるのかないのか──現在の女性アイドル業界で完全にひとり勝ちの状態である乃木坂に、そんな議論が巻き起こった。

 先月2日に発売された「週刊文春」(文藝春秋)2017年2月9日号で、乃木坂46のメンバーである川村真洋がキャバクラのスカウトマンをしている男と交際していると写真付きで報じられた。

 その記事のなかで記者から直撃を受けたスカウトマンの男が交際を認めたうえで短くコメントしているのだが、そこで語られた「(恋愛禁止だが)二十歳を超えているから自己管理のようで。バレちゃだめみたいですけど……」という発言がファンの間で波紋を呼んだのだ。

 乃木坂にとって、2014年に報じられた松村沙友理と集英社の編集者との不倫騒動以来久しぶりに起きた大きな恋愛スキャンダル(細かいものはこの間も数件あったが)。乃木坂に「恋愛禁止」ルールはあるのかないのか。この騒動で明るみになった恋愛禁止をめぐる内部ルールの有無についてファンの間では論争が起きたわけだが、そもそも、この恋愛禁止という規則がまかり通る状況そのものがどうなのかという議論がある。

 実は、アイドルグループの恋愛禁止をめぐっては、法廷で争われた事案が2つある。

 1つは一昨年のもの。アイドルグループ・dokidokiのメンバーであった当時15歳の少女が男性ファンに誘われラブホテルへ。その際に撮影された2ショット画像が流出し、その直後にグループは解散した。事務所は少女が交際禁止規定を破った結果損害が出たとして、少女とその親に対し500万円の損害賠償を求める裁判を起こす。その結果、東京地裁は「アイドルである以上、ファン獲得には交際禁止の規約は必要で、交際が発覚すればイメージが悪化する」とし、少女側に約65万円の損害賠償を命じる判決を出した。

 かねてから人権侵害として批判の対象にあった恋愛禁止ルールに対し、あろうことか裁判所がお墨付きを与えたことで多くの議論を呼んだ。

 その一方、昨年1月に行われた同じような内容の裁判では、「異性との交際は幸福を追求する自由の一つで、アイドルの特殊性を考慮しても禁止は行き過ぎだ」とし、事務所側からの損害賠償請求は棄却されている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

乃木坂46の「恋愛禁止」ルールをめぐって議論勃発…変わりゆくアイドルの恋愛ルール違反ペナルティのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。乃木坂46新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!