年末特別企画 リテラの2016年振り返り

フジロック、町山智浩、水道橋博士、BABYMETAL…2016年、サブカル論争&炎上7大事件簿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

■事件その2
のん(能年玲奈)への圧力問題をめぐり町山智浩と山本一郎の両巨頭が激突もこの件は山本が完敗

 今年はSNS上でも圧倒的なフォロワーをもち、論争の話題を提供し続けている二人の論客が激突した。その二人とは、映画評論家の町山智浩とライターの山本一郎。テーマは、現在大ヒット中の『この世界の片隅に』をめぐる圧力だ。
 町山がツイッター上で、TOKYO MXの番組に主演声優である能年玲奈改め「のん」を出演させようとしたら、前の所属事務所レプロエンタテインメントからの抗議があって断念したことがあると暴露。これに対して、ライターの山本一郎が「圧力や抗議の事実はない」などとかみついた。
 本サイトも何度も指摘しているように、レプロ=バーニングからの圧力があり、民放各局がのんを出演させることができなくなっているのは常識。この時点で、メディア関係者なら誰もが?という感じだったが、からまれた当の町山は怒りが炸裂。「圧力の証拠がある」と反論し、TBSラジオでものんが出演した後に所属事務所から同様の「二度と出すな」との警告があったことまで明かした。
 山本はそれでも引き下がらず「レプロ担当者と話し合いを持ち、出演は問題が落ち着くまで見送るという結論になったと言っています」と反論したが、ネットでは「それこそ圧力だろう」と山本への批判が殺到。津田大介も町山に加勢して、山本の論理のおかしさを指摘した。
 この件に関しては、山本の完敗だが、それにしても、普段、辛辣な批評や裏話の暴露で知られる山本がなぜこんなにムキになって能年の事務所とMXをかばおうとしたのだろうか。謎である。


■事件その3
「こじらせ女子」をめぐり、雨宮まみ・能町みね子が北条かやを批判、そして雨宮は

 今年11月、『女子をこじらせて』(ポット出版)などの著者で知られるライターの雨宮まみが亡くなったが、そんな雨宮にも事件があった。きっかけは、ライターの北条かやが出版した『こじらせ女子の日常』(宝島社)という本である。
 もともとこの「こじらせ女子」という言葉をつくったのは雨宮で、女性であることに自信をもてない自分、自意識と恋愛欲求の狭間で女性であることの生きづらさと格闘する女性のことをさしていたが、北条の著書では「自分の欠点に向き合わず周りに迷惑かけてる面倒なやつ」と矮小化されていた。そのため、雨宮やライターの能町みね子がこれを批判。それに、北条が〈大人の事情なんです......〉〈私としては、こじらせ女子という言葉は使いたくありませんでした〉と返答したことで、「出版社のせいにするな」と炎上はさらに拡大した。
「こじらせ女子」という言葉の誤用が北条の責任だったかどうかはともかく、こうしたジェンダーへの向き合い方やライフスタイルを定義する言葉は、最初の意味からはかけ離れて、特定の人たちを排除する保守的な意味に誤用されていくという状況がある。深澤真紀の「草食男子」、酒井順子の「負け犬」、能町みね子と久保ミツロウの「プロ彼女」……。
 雨宮にはこれからもそういう状況に対抗して欲しかったが、今となってはそれもかなわない。残念というほかはない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

フジロック、町山智浩、水道橋博士、BABYMETAL…2016年、サブカル論争&炎上7大事件簿のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。BABYMETAL水道橋博士町山智浩秋元康編集部能年玲奈の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
11 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
15 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
16 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
17 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 葵つかさが「松潤とは終わった」と
20 原発広告に文化人や芸能人が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画