安倍首相が真珠湾で「アメリカ様のおかげ」スピーチ! 戦後レジームからの脱却はどうなった? 二枚舌に唖然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかし、こうした歴史を振り返ると、いま現在の安倍政権がやろうとしていることの謎が解けてくる。

 Q:安倍首相はなぜ、集団的自衛権行使にあそこまでこだわるのか?
 A:おじいちゃんが不起訴の見返りにアメリカと約束したことだから。

 Q:安倍首相はなぜ、日本国憲法を「みっともない」と毛嫌いするのか?
 A:おじいちゃんを助けてくれたG2と敵対する人たちがつくった憲法だから。

 Q:安倍首相はなぜ、改憲しようとしているのか?
 A:それも、おじいちゃんが不起訴の見返りにアメリカと約束したことだから。

 Q:安倍首相はなぜ、沖縄の「屈辱の日」をお祝いしようとするのか?
 A:おじいちゃんの公職追放がやっと解除された記念の日だから。

 Q:安倍首相はなぜ、「侵略」や「おわび」や「反省」をためらうのか?
 A:あの戦争はおじいちゃんも深く関わった自存自衛の聖戦だから。

 そう。新安保法制も改憲も、すべては、おじいちゃん、岸信介とつながっているのだ。

 そういえば、安倍首相はそのアメリカ観も、岸信介に強い影響を受けている。安倍首相の中には「良いアメリカ」と「悪いアメリカ」、2つのアメリカがある。「良いアメリカ」は、おじいちゃんを救ってくれた。戦前の日本の旧指導者にも寛容だったアメリカ。一方、「悪いアメリカ」は日本に憲法9条や主権在民、人権尊重などを押し付け、戦前の日本の旧指導者を“悪”と決めつけたアメリカ。

 だから、安倍首相は「『悪いアメリカ』が押し付けた戦後レジームからの脱却」を主張しながら、「『良いアメリカ』の戦争に自衛隊を捧げる」安保法制を強行することに矛盾を感じない。

 いずれにしても、たった一人の政治家のグロテスクな“おじいちゃんコンプレックス”によって、日本は今、国のかたちを大きく変え、アメリカの戦争に引きずり込まれようとしているのだ。我々はそのことの異常性と恐ろしさを本気で認識すべきだろう。
(野尻民夫)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

安倍首相が真珠湾で「アメリカ様のおかげ」スピーチ! 戦後レジームからの脱却はどうなった? 二枚舌に唖然のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。野尻民夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 中居ジャニーズ残留とキスマイ
2 NHK国会中継は政治部=官邸が判断
3 『ハクソー・リッジ』沖縄隠しの理由
4 獣医学部の全国展開で安倍と菅がさらに
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
7 安倍「獣医学部の全国展開」で大混乱が
8 オードリー若林が新自由主義に違和感
9 前川前次官が田崎スシローを批判!
10 北ミサイル対策CMに茂木健一郎が批判
11 百田尚樹の韓国ヘイト本がヒドい!
12 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
15 NHKクロ現スクープの裏事情
16 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
17 前次官会見で田崎スシローが失笑発言
18 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
19 フジの創価学会批判のえぐい舞台裏!
20 SKY-HIが共謀罪批判ラップを発表
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1NHK『クロ現』が総理圧力の証拠報道
2前川前次官が田崎スシローを批判!
3文科省天下り問題の裏には官邸が
4北ミサイル対策CMに茂木健一郎が批判
5安倍首相は「反省」などしていない!
6安倍が共謀罪採決で委員会とばす暴挙
7安倍首相はこれだけウソをついてきた!
8萩生田の答弁は嘘、安倍、加計とBBQ
9安倍「獣医学部の全国展開」で大混乱が
10クロ現報道、文書への官邸の反論が酷い
11追悼…野際陽子が語った戦争の悲惨
12共謀罪強行成立に著名人たちが怒りの声
13共謀罪強行成立記念!トンデモ答弁録
14安倍官邸VS文科省が全面戦争に突入
15林真理子が文春で山口敬之問題に言及!
16文科省女性官僚にネトウヨがデマ攻撃
17安倍側近・萩生田が「加計ありき」の指示!
18共謀罪強行成立をテレビがスルー!
19NHKクロ現スクープの裏事情
20SKY-HIが共謀罪批判ラップを発表
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」