活動を停止したKAT-TUNメンバーの意外に一途な恋愛事情を元側近が暴露! 亀梨は小泉今日子と結婚を考えていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
KAT-TUN_160504.jpg
恋愛でも“ツートップ”だった亀梨と赤西は意外に一途で純朴……?


 5月1日、東京ドームでのコンサートでグループ活動を停止したKAT-TUN。3人のメンバーたちはそれぞれファンへの感謝を語ったが、亀梨和也は相次ぐ脱退について触れ「とにかく、KAT-TUNというグループの一員として、情けなく悔しく申し訳ない気持ちでいっぱいでした」とその胸のうちを吐露した。

 そんなKAT-TUNだが、先日発売され本サイトでも紹介した暴露本『KAT-TUN6粒の涙』(元「KAT-TUN」側近スタッフ一同/主婦と生活社)でも相次ぐ脱退劇や確執の内情が描かれているが、やはり気になるのはメンバーたちの恋愛事情だろう。何しろKAT-TUNは歴代ジャニーズグループの中でもその恋愛が大きな話題となってきたからだ。実際、赤西仁も田口淳之介も、恋愛→結婚問題でグループ脱退に追い込まれた。

 しかし、同書に描かれているのは、意外に純朴で、恋愛に一途な彼らの姿だ。たとえば、亀梨和也に関して、十数年前、夕方の渋谷で目撃された興味深いエピソードが描かれている。

〈ある女性アイドルグループのメンバーは、ガラス張りの自動ドアの中側に立っていた。携帯電話で誰かとひそひそと連絡を取り合っている。その女性アイドルは当時まだ高校生で、その日は制服姿。(略)そのとき、そのビルの前の歩道を学ラン姿の線の細い男子が歩いてきた。携帯電話で話しながらそこに現れたのは亀梨だった〉

 2人はガラス越しに笑みを浮かべながら携帯越しに会話をしていたという。人目を避け、それでも会いたいという2人が行った“すれ違いデート”だったという。

 この女性アイドルは一体だれなのか。亀梨と同世代で、高校生だった女性アイドルグループといえばモーニング娘。であり当時亀梨と噂があったのは人気絶頂だった後藤真希だ。『アサヒ芸能』(2006年4月27日号)には2人の関係が報じられたこともある。

〈4年ほど前、ジャニーズファンだったゴマキは亀梨と接近してつきあうようになった。ゴマキはデートに飲食店を経営している実家をよく利用するんです。亀梨はいつものようにゴマキと“自宅デート”を楽しんでいたところ、ゴマキの弟、ユウキ(祐樹)が偶然帰ってきてしまい、亀梨と鉢合わせ。ユウキは、『てめえ、何やってんだ!』と怒りまくり、大モメになったことがあったようだ。〉

 渋谷での“すれ違いデート”に“自宅デート”。なんとも可愛らしい恋愛エピソードだが、しかし後藤を巡ってはジャニタレ同士の複雑な関係も取り沙汰されたことがあった。それは昨年、KAT-TUNの暴露本と同じ主婦と生活社から出版された『嵐、ブレイク前夜』(元「嵐」側近スタッフ一同」)に暴露された二宮和也と後藤(同書では匿名)の恋愛関係だ。その際、後藤を巡り二宮と亀梨で “取り合い”になったという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

活動を停止したKAT-TUNメンバーの意外に一途な恋愛事情を元側近が暴露! 亀梨は小泉今日子と結婚を考えていたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
7 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
8 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
18 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
19 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画