KAT-TUNはなぜ空中分解した? 元側近による暴露本が出版! 亀梨は「もう俺のソロでよくない?」と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kamenashi_160429_top.jpg
KAT-TUN空中分解の真相がついに明らかになった。

 4月28日、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS)で「KAT-TUNまた逢う日までサヨナラSP」が放映された。5月1日の東京ドーム公演を最後にグループ活動を停止するKAT-TUN。オープニング早々、亀梨和也が「(やんちゃで)怒られた人たちが抜けてった」と次々とメンバーが脱退したことを自虐的に語った。

 しかし、番組は「想うことをすべてさらけ出す」としつつも、“またKAT-TUNを見られるのを待っていてください”というヌルいオチで終了。だが、KAT-TUNといえば、亀梨が言うようにメンバーの脱退ばかりが話題になるジャニーズでも異例のグループだった。今回の活動停止にしても、赤西仁、田中聖に続き田口淳之介がジャニーズ事務所を辞めるという3人目の脱退者が出たことがきっかけだったのだが、そんなテレビでは語られないKAT-TUNの内情が、側近によって暴露された。

 それは、今月22日に発売された『KAT-TUN 6 粒の涙』(元「KAT-TUN」側近スタッフ一同・著)だ。これは嵐の暴露本『嵐、ブレイク前夜』(元嵐側近スタッフ一同・著)と同様、ジャニーズタブーとは一線を画す「週刊女性」を擁する主婦と生活社から出版されたもの。嵐本と同じく元側近から見たメンバーの確執や恋愛、3人もの脱退者を出したKAT-TUNの生々しいエピソードが描かれている。

 なかでも注目すべきは、亀梨と赤西という“ツートップ”のデビュー前からの確執だろう。そもそもグループ結成時、メンバー同士が「知ってるやつもいるし、それ以外は時に知らねえ」というクールで結束力に欠ける6人だったが、それに拍車をかけたのが亀梨の“俺さま”な言動だった。2001年に結成されたKAT-TUNだが、その後、5年間もCDデビューを果たせずにいたそんな時期に開かれたマスコミ会見でデビューについて聞かれた亀梨は、こう切り返したという。

〈「もうデビューは俺のソロでよくないっすか!?」
 そう不敵に笑いながら拳を突き上げて前に出た。笑いを取りながら記者を煙にまく亀梨流のリップサービスであったが、どこか冗談とも取れない意気込みを一瞬醸し出していた。そのとき、横にいるメンバーたちは不機嫌な顔をあらわにした〉(『KAT-TUN 6 粒の涙』より、以下同)

 この会見の席で亀梨は、さらにメンバー間の仲について「俺たち、だからそんなに仲よくないっすよ」とまで言い放ったという。

 実際、亀梨はKAT-TUNとしてではなく、ドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)で共演した山下智久とのユニットで「青春アミーゴ」をリリース、大ヒットを収めるが、このことでさらにグループ内の“不和”が加速していく。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

KAT-TUNはなぜ空中分解した? 元側近による暴露本が出版! 亀梨は「もう俺のソロでよくない?」とのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画