>  >  > 福島の甲状腺がんはさらに増える!

福島の甲状腺がんはさらに増える!「チェルノブイリとはちがう」論のウソを報ステが暴露! しかし、他メディアは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hurutachi_140715.jpg
テレビ朝日『報道ステーション』HPより


 東日本大震災から5年となった3月11日。この日マスコミはこぞって震災地に入り、多くの時間と紙面を割いた報道を続けた。巨大な津波、多くの犠牲者、未だ見つからぬ行方不明者、進む復興、そして人々の絆――。だが当時から人々が最も恐れていた最悪の事態を報じることはなかった。

 それが放射線による健康被害だ。本サイトでも既に報じたが、事故当時18歳以下だった福島県の子どもたちへの検査の結果、167人もの子どもに甲状腺がんが発生していたことが発表されている(2月15日福島県有識者会議の発表)。通常この年齢の甲状腺がんの発生率は100万人に1人か2人といわれることを考えれば、この数字がいかに異常かわかるだろう。しかし事故後5年という節目ですら、この異常事態をほとんどのマスコミは取り上げることなく無視したままだ。

 そんななか、この問題を正面から取り上げた唯一の番組が『報道ステーション』(テレビ朝日)だった。3月11日に、様々な角度から多発する子どもたちの甲状腺がんの特集を組み、その実態に迫ったのだ。

 この特集は40分以上という力の入った大特集だったが、そのなかで驚くべき事実が報じられている。それが甲状腺がんの“発症年齢”と“被曝線量”に関するものだ。

 福島県の検査でも“発症年齢”や“線量”がチェルノブイリと比較され、因果関係の否定に使われた。

 例えば、2月15日に行われた福島県の有識者会議「県民健康調査」検討委員会で座長をつとめる星北斗・福島県医師会副会長は、甲状腺がんと事故の因果関係をこう否定した。
「チェルノブイリとの比較の線量の話、あるいは被曝当時の年齢などから考えまして、これらのがんにつきましては、放射線の影響とは考えにくいとの見解をこのまま維持する形に、今日の議論としては委員会としてはそうなったと理解しています」

“チェルノブイリと発症年齢が違う”。これをひとつの根拠として星座長は因果関係を否定したのだ。また、被曝医療の専門家でもある同委員会の床次眞司・弘前大学被ばく医療総合研究所教授も「総じて言えば福島の事故における甲状腺被ばく線量はチェルノブイリ事故に比べて小さいことは言えるだろうと考えます」との見解を表明している。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
2 能年玲奈に前事務所が「本名、使うな」
3 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
4 鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
5 小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
6 瀬戸内寂聴がさらに激烈安倍批判
7 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
8 自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
9 小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
10 SHELLYがネトウヨに堂々反撃
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
13 浅田真央の父逮捕にマスコミ沈黙
14 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
15 大橋巨泉が遺言で安倍晋三を痛烈批判!
16 水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
17 秋篠宮家の料理番がブラック告発
18 復帰の能年玲奈に事務所が妨害工作
19 芥川賞村田沙耶香の問題作『殺人出産』
20 現役ヤクザが安保法制を批判!
PR
PR
1天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
2自民党が“反戦教師”密告フォーム
3石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
4生前の永六輔が自民改憲草案を痛烈批判
5安倍が膳場や池上にもらした改憲の本音
6それでも石田純一の勇気を讃えよ!
7続報、自民党が平和教育密告フォームを
8石田純一の会見で官邸がテレビを牽制
9参院選“改憲隠し”はテレビも同罪!
10米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
11高田延彦が自民党の改憲隠しを一喝!
12日本会議会長が「軍隊つくる」、安倍も
13鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
14安倍の御用TVが早速「改憲は必要」
15 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
16「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
17小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
18大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
19自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
20自民が新聞・テレビに違法広告ゴリ押し
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」