>  >  > 二宮のアカデミー賞の挨拶が顰蹙

嵐・二宮がアカデミー賞のスピーチで山田洋次監督を無視して「ジャニーさんとメリーさんとジュリーさん」にお礼の言葉述べ、大顰蹙!

【この記事のキーワード】, ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ninomiya_160306.jpg
映画にまでジャニーズの支配が……

 先日4日に発表された第39回日本アカデミー賞。最優秀主演男優賞には嵐のニ宮和也が選ばれた。昨年の岡田准一に続いてジャニーズタレントの受賞。映画界までがジャニーズ依存に陥っているこの状況には暗澹とした気持ちになるが、しかし、発表前のテレビ局の煽り方を見ていると、二宮の受賞自体は予想の範囲内といえるものだった。

 驚いたのはそれよりも、受賞時に行われた二宮のスピーチだ。中継した日本テレビでは、なぜかほんの一部しか放送しなかったが、その内容は今までアカデミー賞の授賞式で聞いたことのないものだった。

 名前を呼ばれた二宮は小走りで壇上に駆け上がり、トロフィーを受け取ると、まず、岡田から「次はおまえだ」と言われていたことを明かし、「嵐のメンバーも喜んでくれているはず」と、仲の良さを強調した。

 いきなり、ジャニーズの話か、と思っていると、二宮はさらにこう続けたのだ。

「そしてジャニーさんとメリーさんとジュリーさんと、今までずっと迷惑をかけてきた人たちに、これでちょっとは恩返しができたかなと思うと、すごくありがたく、また頑張っていこうと思っています」

 こういう場合は「この作品にかかわった共演者、スタッフのみなさんのおかげです」というのが普通。ところが、そんな言葉は一言もなく、「ジャニーさんとメリーさんとジュリーさん」、つまり自分の所属プロダクションの社長と副社長3人の名前だけを並べてお礼を述べ、スピーチを締めてしまったのだ。山田洋次監督にも、吉永小百合ら共演者にも、現場を支えたスタッフにもまったく触れることはなかった。

 いくらなんでも、これはありえないだろう。そんなところから、ネットでは「どうせメリーかジュリーに言わされたんだろう」「SMAPの公開処刑とやってることは同じ」という批判の声が広まっている。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 モー娘。鈴木卒業とアイドル体重問題
2 宇野常寛がNHKの自主規制を暴露
3 米兵にレイプされた女性が日米を告発
4 性差別なくす秘策は「男の肛門開発」!?
5 石原伸晃が舛添批判…でも父親はもっと
6 安倍がサミットで伊勢神宮訪問ゴリ押し
7 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
8 上原亜衣は? AV女優の引退後
9 大森靖子「小6のときレイプされて」
10 竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
11 橋下徹が沖縄米軍の事件で女性差別発言
12 小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
13 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
14 明石家さんまが東京五輪開催を批判!
15 能年玲奈は独立できるか?飼い殺しも
16 宝石店経営で借金1億のAV女優
17 武田鉄矢の原発擁護論のデタラメ
18 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
19 能年、広末が出演拒否の過激映画
20 舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
PR
PR
1明石家さんまが東京五輪開催を批判!
2沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
3高市早苗が政治資金不正で刑事告発!
4『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
5東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
6創価学会で反安倍、反執行部クーデター
7大企業と富裕層に優しい安倍政権の税制
8安倍首相がまた「私は立法府の長」発言
9沖縄事件で暴言!報ステ後藤謙次の正体
10小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
11山本太郎「日本会議に負けるな」
12次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
13石原伸晃が舛添批判…でも父親はもっと
14竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
15舛添問題で石原良純が挙動不審に!
16舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
17宇野常寛がNHKの自主規制を暴露
18安倍がサミットで伊勢神宮訪問ゴリ押し
19熊本在住の漫画家が川内原発に怒り!
20JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」