>  >  > テレビは清原の逮捕を知りつつ起用!

清原逮捕でテレビ各局が「昨年からマーク」と大自慢! だったらなぜ番組に清原を出演させた? フジの無責任ぶりに唖然

【この記事のキーワード】,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kiyoharakazuhiro_160203.jpg
OFFICE KIYOHARA OFFICIAL WEB SITEより


 清原博和逮捕で、今日は朝からマスコミが大騒ぎだったが、改めて唖然とさせられたのがテレビ局の“恥知らず”“無責任”ぶりだ。

 逮捕の一報を受け、テレビ各局のワイドショーやニュース番組で、深夜、清原が自宅やサウナから出てくる姿、車に乗り込もうとする清原を記者が直撃する映像が流れたのだ。中には、映像とともに、こんな現場記者の声を流すニュースもあった。

「きた!きたきたきた!」「これから夜の街へ繰り出す模様です」「ホントに落ち着かないな」「周囲を気にしています」「なんか写真とってる」「サウナから清原がでてきました。3時間入って出てきました」「周りをきょろきょろ見てるぞ」「夏なのに長袖長ズボンです」「清原さん!一言コメントをお願いします!」……etc.

 実は、清原については、14年3月の「週刊文春」(文藝春秋)が報じて以降、警視庁が内偵などの捜査を行っており、“清原逮捕間近”という情報が幾度となく出てきては消えていた。そのたびに、テレビ、新聞は清原宅の張り込みに動き、外出する清原を直撃していたのだ。

 そして、今回、清原が逮捕されると、テレビ各局は「我々は前から逮捕の情報を知ってましたよ」と自慢するかのように、その昨年からの清原張り込み、直撃映像を公開したのである。

 中でも、フジテレビは、ニュース予告に「清原容疑者追跡!1200時間」というキャッチフレーズをうち、同タイトルの映像ニュースをYahoo!にも配信(後になぜか削除)するほどのはしゃぎようだった。

 しかし、ちょっとまってほしい。前から知っていたというなら、テレビ局はなぜ、この間、盛んに清原をバラエティ番組や情報番組に出演させていたのか。

 清原がテレビに復帰したのは、「文春」の報道から一年たった昨年4月、『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS)でのことだった。続いて、清原は7月27〜28日の『FNS 27時間テレビ』に出演している。もっとも、この時期は、「文春」の記事をめぐる騒動も落ち着き、逮捕情報もかき消えていた。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍がサミットで伊勢神宮訪問ゴリ押し
2 竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
3 小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
4 橋下徹が沖縄米軍の事件で女性差別発言
5 上原亜衣は? AV女優の引退後
6 指原が東大美女ツアーでオヤジ発言
7 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
8 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
9 舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
10 キムタク最大のタブーとは?
11 能年玲奈は独立できるか?飼い殺しも
12 明石家さんまが東京五輪開催を批判!
13 大森靖子「小6のときレイプされて」
14 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
15 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
16 林真理子がなんとキムタク批判!
17 SMAPを殺したのはキムタク
18 『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
19 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
20 沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
PR
PR
1明石家さんまが東京五輪開催を批判!
2東京五輪招致裏金に電通が関与と英紙
3沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
4高市早苗が政治資金不正で刑事告発!
5『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
6東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
7創価学会で反安倍、反執行部クーデター
8大企業と富裕層に優しい安倍政権の税制
9安倍首相がまた「私は立法府の長」発言
10高樹沙耶の大麻解禁公約は間違ってない
11沖縄事件で暴言!報ステ後藤謙次の正体
12小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
13山本太郎「日本会議に負けるな」
14次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
15舛添問題で石原良純が挙動不審に!
16安倍の母が過保護発言、昭恵夫人に嫌味
17日本が加害者の戦争映画は作れない?
18竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
19舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
20熊本在住の漫画家が川内原発に怒り!
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」