>  >  > 飯島マネがあの出版社で告白本を出版か

元サヤに収まったSMAP騒動でひとり追放された飯島マネージャーはどこへ? あの出版社で告白手記を出版か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
smap_01_160116.jpg
飯島マネ―ジャーの今後の動向は……?

 結局、中居正広ら4人がジャニーズ事務所に戻ることで決着がついたSMAP解散騒動。しかし、すべての罪をかぶせられ、ひとり追放されることになった飯島三智マネージャーはいったい、どう考えているのだろうか。

 この間、飯島マネージャーには複数の週刊誌がアプローチしたものの、どこも連絡がとれず、それが、ジャニーズの一方的な情報操作を許す結果となった。この状態は今も変わっていないようだ。

「今でも、多くのマスコミが飯島氏の自宅や、立ち入りそうな場所の張り込みをするなど取材を試みていますが、現在のところ接触できた社はないようです。旧知のテレビ局関係者とも音信不通のようですね」(週刊誌関係者)

 そんな中、「女性自身」(光文社)2月2日号が興味深い記事を掲載していた。「SMAP『5人の絆は終わらない』」と題された記事の冒頭、飯島氏のこんな言葉を紹介したのだ。

「心配しないで……。5人はきっと変わらずにやっていくはず。だからこれからもSMAPを応援してあげてね。今後、私は陰から見守り続けたいと思います。
 これから当分は、仕事ばかりでなかなか会えなかった友人たちに連絡を取って、今までできなかったことをゆっくり楽しむことにします。今後やりたいことも考えていましたし……」

 これは飯島氏が親しい友人に電話で語ったこととされていたが、実際は親しい友人ではなく、飯島氏本人から記者が直接聞いた言葉なのではないかといわれているのだ。

「女性週刊誌お得意のトバシではないかという見方もありましたが、『女性自身』はジャニーズ御用達雑誌のひとつですし、特に飯島さんとは付き合いが深い。長年付き合いのあった飯島さん相手にそういうトバシはやらないでしょう。『今後は友人達と連絡を取る』『ゆっくりしたい』など飯島氏の心情も記されていますし、冒頭に持ってきていることから見ても、付き合いの深かった記者が連絡をとれた、と考えるのが妥当でしょう。ただし、飯島さんからの希望で、直接のコメントにはできなかったんじゃないでしょうか」(週刊誌関係者)

 もっとも、これが飯島氏本人からコメントを取ったものだとしても、その内容はがっかりするようなものだった。ジャニーズへの恨み節などは一切なく、むしろ、コメントからはSMAPや芸能界から完全に身を引くという飯島氏の諦めばかりがうかがえる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 村上春樹が新作に込めたメッセージ
2 厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
3 維新から出馬報道、シミケンは嘘つき?
4 創価学会信者・長井秀和がタブーに言及
5 国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
6 石原慎太郎を増長させたメディアの責任
7 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
8 国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
9 X JAPAN、TAIJIの死の謎
10 金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
11 読売・清水アナが維新から市長選出馬?
12 国谷裕子がクロ現降板の舞台裏を告白!
13 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
14 『めちゃイケ』にジャニーズの圧力
15 共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
16 X JAPAN TAIJI死の究明に前進
17 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
18 安倍が「云々」を「でんでん」と読み恥
19 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
20 故・松田優作の在日差別への恐れ
PR
PR
1「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
2安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
3保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
4国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
5共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
6安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
7安倍はトランプにFTAを要求されてた
8国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
9稲田の憲法蹂躙発言に国会前抗議デモ
10山崎まさよしの憲法9条の歌とは?
11厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
12安倍とトランプが反マスコミで意気投合
13南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
14室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方
15ゴルフめぐり安倍とトランプ嘘つき合戦
16米山新潟知事が語った共謀罪と原発
17安倍もうひとりの祖父の物語
18厚切りジェイソンが“日本スゴい”批判
19アパ代表「ユダヤ陰謀論」
20金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」