SMAP解散を引き起こしたのは、老害・メリー喜多川副社長のほうだ! 中居、飯島=悪者報道にだまされるな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
smap_160115_top.jpg
 いまだ情報が錯綜しているSMAPをめぐる状況。5人はこのままどうなってしまうのか? 

【女という幻想をぶっ壊す!本音情報サイト-messy /メッシーより】

 世間を騒がせているSMAPの分裂・解散危機。14日発売の「週刊新潮」(新潮社)のスクープだったが、ジャニーズ事務所……いや、メリー喜多川副社長(89)の意向を汲んでか、1日早くスポーツ紙がこれを伝えた。

 各スポーツ紙は、SMAPの育ての親でありジャニーズ事務所のマネジメント室長を務める飯島三智氏(58)が、SMAPを引き連れての独立騒動を画策したが失敗したとも報じている。それらによれば、飯島氏は40年近く勤めあげてきた事務所を解雇となり、芸能界追放。木村拓哉(43)のジャニーズ残留は確定的で、残り4人のSMAPメンバーは今後の動向を協議中だという。

 まるで飯島氏とSMAPメンバーが悪者かのように書きたてる記事も多いが、筆者はそうは思わない。というのも、昨年1月の「週刊文春」(文藝春秋)に掲載されたメリー氏のロングインタビューで、同氏は「飯島派vsジュリー派」の事務所内派閥争いを否定。弟であるジャニー喜多川社長(84)の引退後は、娘である藤島ジュリー景子副社長(49)が社長就任することを明言し、飯島氏に対して「もし私の娘と対立するなら、会社を辞めろ」と恫喝していた。

 続きはmessyで読む  

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

SMAP解散を引き起こしたのは、老害・メリー喜多川副社長のほうだ! 中居、飯島=悪者報道にだまされるな!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍首相の大嘘解散会見に騙されるな!
2 前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
3 麻生「武装難民は射殺」発言は差別煽動
4 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
5 安倍の身勝手解散は民主主義の破壊
6 室井佑月が前川前事務次官に加計問題を訊く
7 総選挙直後に加計獣医学部を認可の情報
8 灘中校長が語る自民党とネトウヨの圧力
9 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
10 痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
11 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
12 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
15 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
16 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
17 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
18 東京五輪買収は決定的と海外で報道
19 NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
20 安倍自民党がテレビ各局に文書で圧力
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3安倍御用・山口敬之の不起訴はおかしい
4安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
6安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
7前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
8室井佑月が前川前事務次官に加計問題を訊く
9安倍首相の大嘘解散会見に騙されるな!
10 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
11総選挙直後に加計獣医学部を認可の情報
12Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
13 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
14卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
15東京五輪買収は決定的と海外で報道
16田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
17痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
18NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
19安倍の身勝手解散は民主主義の破壊
20沖縄に大量の核兵器が配備されていた

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」