江戸時代の人もアダルトグッズが好きだった? 春画に描かれた性具がスゴい! 破れた障子の間からニョキッと…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shunga_150924_top_new.jpg
「美術手帖」2015年10月号(美術出版社)

【女という幻想をぶっ壊す!本音情報サイト-messy /メッシーより】

「これを最初に食べようと思った人、勇気あるなぁ」ってもの、ありませんか? 私にとって、それはウニです。いまはウニ=おいしいが常識ですが、それを知らなければあのトゲトゲした物体を割って食べようとは思わないですよね。よほどの飢えがあったのか、強い好奇心があったのか、はたまた偶然だったのか……。

 同じように、初めて「アソコに何かを挿れよう」と思った人って、何を考えていたんですかね。何かというのはペニスや指ではなく、〈異物〉です。かつて、当連載で「ゴーヤに電球にペットのインコまで…バイブOLも驚愕の『異物挿入』列伝!」を紹介しましたが、ま~みなさんありとあらゆるものを挿れていらっしゃいます。「これを挿れたら気持ちいいんじゃ……」という好奇心を止められないのでしょう。男性から勝手なファンタジーを押し付けられるのは御免ですが、女性が自身の肉体と快感への挑戦として、異物を手に取ることもあるでしょう。

 そうやってたくさんの人がいろんなものを挿れてきた結果、なんだかんだいってペニスに近い形がいちばん挿れやすいし、気持ちいいというところに落ち着いた……というのはあくまで私の想像です。男性の「異物を挿れている女性を見て興奮するには、突拍子もない形状ではなく、擬似ペニスがベスト」という思惑も、当然あったでしょう。洋の東西を問わず、古くからペニス型のディルド(張型)があるのは、みんな結局、考えることは同じってことですね。

 続きはmessyで読む  

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

江戸時代の人もアダルトグッズが好きだった? 春画に描かれた性具がスゴい! 破れた障子の間からニョキッと…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍首相の大嘘解散会見に騙されるな!
2 前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
3 安倍の身勝手解散は民主主義の破壊
4 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
5 総選挙直後に加計獣医学部を認可の情報
6 室井佑月が前川前事務次官に加計問題を訊く
7 灘中校長が語る自民党とネトウヨの圧力
8 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
9 痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
10 市川沙耶と熱愛・野島アナに二股の過去
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
13 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
14 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
15 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
16 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
17 安倍自民党がテレビ各局に文書で圧力
18 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
19 東京五輪買収は決定的と海外で報道
20 NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3安倍御用・山口敬之の不起訴はおかしい
4安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
6安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
7室井佑月が前川前事務次官に加計問題を訊く
8 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
9総選挙直後に加計獣医学部を認可の情報
10Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
11前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
12卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
13 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
14東京五輪買収は決定的と海外で報道
15財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
16田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
17痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
18安倍首相の大嘘解散会見に騙されるな!
19西村京太郎「日本に現代戦は無理」
20NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」