X JAPAN紅白出場の一方でTAIJIの死は疑惑が残ったまま…妻が告発するマネージャーの不審行動とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
taiji_150827_top.jpg
赤塚友美『TAIJI 沢田泰司』(宝島社)

 先日、18年ぶりとなるNHK紅白歌合戦への出場が発表され注目度を増しているX JAPAN。

 そんなX JAPANが1995年の「DAHLIA TOUR」以来20年ぶりに行っている国内ツアー「X JAPAN JAPAN TOUR」が、12月14・15日の日本ガイシホール公演をもって千秋楽となる。

 11月28日に宮城県は石巻のライブハウス、石巻BLUE RESISTANCEでのチャリティ公演から始まったツアーは、横浜アリーナ、大阪城ホール、マリンメッセ福岡、広島グリーンアリーナとめぐった。この後、16年3月にはイギリス、ウェンブリー・アリーナでのコンサートも決まっている。

 また、英国での海外公演に加え、16年3月11日には20年ぶりとなるニューアルバムの発売も予定。なにかと活動が滞りがちだったX JAPANがいよいよ本格的に動き出すとのことで多くのファンは喜びが隠しきれない様子だ。

 しかし、X JAPANはその長きに渡る活動のなかで、HIDEとTAIJI、二人のメンバーを失っている。今回のツアーでも横浜アリーナ公演のMCでYOSHIKIが「みんなの気持ちを少しでもHIDEとTAIJIにも届けられるよう、世界に向けて頑張っていくので応援お願いします」という言葉を残している。

 そのなかでも特に、11年にサイパンで客死したTAIJIの死は謎に包まれている。サイパンへ向かう飛行機のなかで暴行事件を起こし逮捕。その後、拘置所内で首吊り自殺を図り、数日後そのまま帰らぬ人となってしまった。

 TAIJIはなぜ暴行事件を起こし、そして自殺騒動まで起こしたのか? 真相はいっさい語られぬまま時が過ぎ、このまま死の理由は藪の中かと思われた最中、ある本の出版により事態は急変する。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

X JAPAN紅白出場の一方でTAIJIの死は疑惑が残ったまま…妻が告発するマネージャーの不審行動とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブー紅白編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
2 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
3 稲垣、草なぎ、香取と日本財団の関係
4 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
5 今年も紅白はジャニーズが私物化
6 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
7 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
8 中居ジャニーズ残留とキスマイ
9 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
10 SexyZoneメンバー“追放”はイジメ?
11 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
12 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
13 義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 加計学園で設置審委員が内情暴露!
16 『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が
17 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
18 島尻沖縄担当相に佐藤優が「日本の恥」
19 安倍首相のFacebookのヘイトがひどい
20 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
1佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
2加計が留学生募集!四国の獣医不足は?
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
5トランプ来日の目的は武器売りつけ
6直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
7日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
8テレビが封印した安倍とトランプの映像
9義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
10萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
11欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
12安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
13マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
14鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
17「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
18トランプの精神障害を疑うのは当然だ! 
19JASRACが坂本龍一を騙しうち!
20『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」