高倉健一周忌で健さんの遺骨と遺産を囲い込む養女に批判噴出! やしきたかじん状態の声も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takakura_151113_top.jpg
高倉健『旅の途中で』(新潮社)

 11月10日、高倉健の逝去から1年が経った。高倉に縁のある日本各地でイベントが行われ、またいくつものマスコミが追悼企画を組んでいるが、そんななか、改めてクローズアップされているのが高倉の“養女”だ。

 養女Tさんは今年51歳になる元女優だが、晩年の高倉の身の回りの世話をし、悪性リンパ腫発症後はひとり介護を続けた“特別な存在”であり、「長年世話になった人に財産を残したい」(「週刊文春」文藝春秋/15年1月1・8日特大号より)として、13年5月に養子縁組が成立した女性だ。

 高倉が亡くなってから初めて明らかにされた存在で、近親者さえその存在を知る者は少なかったことからも各方面に衝撃を与えたが、高倉の没後1年を迎え、その動向が再び注目されている。それも、決して芳しい内容ではない。まるで、やしきたかじんの死後に起きた騒動を彷彿とさせるような声が上がり始めているのだ。

 実際、高倉の逝去直後からTさんの動向を疑問視する声は存在した。亡くなるたった1年ほど前の養子縁組で莫大な遺産を独占することに加え、生前も“高倉の意思”と主張し近しい関係者にさえ高倉を見舞うことを拒否したこと、さらに高倉の実妹にもその死を知らせなかったことなどだ。

 さらに没後1年の現在、「週刊新潮」(新潮社)11月19日号が、その後のTさんの振る舞いに対し、一歩踏み込んだ記事を掲載している。「没後1年で語られ始めた『高倉健』密葬の光景」と題したそれには、Tさんに関する“疑惑”が指摘されているのだ。

 そのひとつが昨年11月12日に執り行われた高倉の“密葬”だ。この時点で高倉の死は世間に発表されていないが、高倉の肉親にも同様に知らせていなかったという。

〈よく知られるように健さんは4人きょうだいの2番目で、兄と上の妹はすでに物故したが、下の妹である敏子さん(80)は九州在住。そして彼女を含む健さん以外のきょうだいには、それぞれ2人ずつ子供がいる。すなわち、健さんから見れば甥や姪にあたる人たちだ。とはいえ、彼らに対してその時点では、健さんの死すら伝えられていない。〉

 そしてこの密葬に“高倉の遺志”としてTさんに特別に出席を許されたのが島谷能成・東宝社長、岡田裕介・東映会長、田中節夫・元警察庁長官、老川祥一・読売新聞最高顧問、降旗康男監督の5人だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

週刊新潮 2015年 11/19 号 [雑誌]

  • amazonの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

高倉健一周忌で健さんの遺骨と遺産を囲い込む養女に批判噴出! やしきたかじん状態の声も…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!