自民党が海外の学者に歴史修正本をバラマキ大顰蹙! 豪の大学教授は「日本の立場にダメージ」と警告、資金源に疑惑も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

〈もしも、この2冊の本をバラまいているのが狂信的な右翼団体であれば、さほど当惑しないだろう。ところが、この2冊を送りつけているのは、政権与党の自民党をリードする政治家らであって、その中には党の国際情報検討委員会のキーメンバーもいるのだ〉
〈河野談話を弾劾し、日本の植民地主義の記録を上塗りする歴史修正主義は、安倍談話における「痛切な反省」や「過去をこの胸に刻み続けます」という表現と一致しない〉
〈この2冊の本に表れている過激論者の意見が、ほとんどの普通の日本の人々に共有されていると示す証拠はない。自民党のメンバーらによる行動は、日本の市民団体が何十年にも及び、過去の暴力の傷を癒そうとしてきた努力を害している。こうした日本の戦争の歴史における事実として不正確な記述は、ただ国際社会での日本の立場にダメージを与えるだけだろう〉(注:原文は英文)

 そう警告したうえで、モーリス=スズキ教授は、自民党の「対外戦略」を、「tragic and destructive ‘history wars’」(悲劇的かつ破壊的な“歴史戦”)と表現して論評を結んでいる。

 ようするに、安倍政権がやっていることはグロテスクな歴史修正そのものであること、そして、政府・自民党のファナティックな行動が、日本の人々の総意でないとしても、国際社会からの日本全体の評価の失墜を招いていることを、冷静な視座から告げているのだ。

 はたして、保守論壇やネット右翼が騒ぎ立てている「反日」や「売国」はどちらだろうか。やはり、これ以上日本が国際的に孤立しないためには、この悲劇的かつ破壊的な“売国宰相”をひきずり下ろすしかない。
(宮島みつや)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

自民党が海外の学者に歴史修正本をバラマキ大顰蹙! 豪の大学教授は「日本の立場にダメージ」と警告、資金源に疑惑ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。宮島みつや歴史修正自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 北ミサイル対策CMに茂木健一郎が批判
2 前川前次官が田崎スシローを批判!
3 安倍「獣医学部の全国展開」で大混乱が
4 SKY-HIが共謀罪批判ラップを発表
5 NHKクロ現スクープの裏事情
6 文科省女性官僚にネトウヨがデマ攻撃
7 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
8 前次官会見で田崎スシローが失笑発言
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 フジの創価学会批判のえぐい舞台裏!
12 SMAPの寂しすぎる最後は仕方ない!
13 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
14 SMAP3人テレビ追い出し作戦の手口
15 安倍首相はこれだけウソをついてきた!
16 城田優がハーフ差別を告白
17 NHK『クロ現』が総理圧力の証拠報道
18 小出恵介淫行で松本人志がトンデモ連発
19 クロ現報道、文書への官邸の反論が酷い
20 須藤凜々花の結婚宣言は秋元の仕掛け?
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?
1NHK『クロ現』が総理圧力の証拠報道
2義家が文科省の証言に粛清を宣言!
3文科省天下り問題の裏には官邸が
4安倍首相は「反省」などしていない!
5安倍が共謀罪採決で委員会とばす暴挙
6前川前次官が田崎スシローを批判!
7安倍首相はこれだけウソをついてきた!
8萩生田の答弁は嘘、安倍、加計とBBQ
9クロ現報道、文書への官邸の反論が酷い
10追悼…野際陽子が語った戦争の悲惨
11共謀罪強行成立に著名人たちが怒りの声
12共謀罪強行成立記念!トンデモ答弁録
13安倍官邸VS文科省が全面戦争に突入
14林真理子が文春で山口敬之問題に言及!
15安倍側近・萩生田が「加計ありき」の指示!
16「キネマ旬報」が共謀罪批判を特集!
17特区決定前に加計がボーリング調査の裏
18共謀罪強行成立をテレビがスルー!
19文科省女性官僚にネトウヨがデマ攻撃
20北ミサイル対策CMに茂木健一郎が批判
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」