>  >  > 「週刊文春」春画特集で編集長に処分

「週刊文春」が春画特集掲載で「会社の伝統貶めた」と編集長に休養処分! 文藝春秋・松井社長の時代錯誤に唖然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bunshun_151008_top.jpg
「週刊文春」(文藝春秋)2015年8月10日号

 発行部数約70万部、日本で一番売れている週刊誌「週刊文春」(文藝春秋)に大激震が走った。なんと、2015年10月8日号の内容が問題視され、新谷学編集長が3ヵ月間の強制休養を言い渡されたというのだ。

 もしかして、マルコ・ポーロ事件のようなタブーネタに触れてしまったのか? あるいは差別表現で抗議でも受けたのか。それとも、安倍首相や菅官房長官との緊密な関係が噂になっていた新谷編集長のこと、官邸リークで露骨な記事を書きすぎると問題になったのか。業界は一時、騒然となったが、真相はなんとも拍子抜けするものだった。

 原因は、同号に掲載された特集「空前のブーム到来!春画入門」とグラビア「日本美術の粋 めくるめく春画世界への誘い」。そう。春画の記事を載せたことが「けしからん!」と社長の怒りを買ってしまったらしいのだ。

 今日8日、「週刊文春」編集会議の場に松井清人社長自らが姿を現し、編集部員全員に向かって、春画を取り上げたことは文春の品位、伝統を壊すものだと説教。そして、その場で編集長の休養を発表したという。

 松井社長が特に問題視したのは、性器が挿入された局部を載せたということ。ポスト、現代がヘアヌードブームに乗っていた頃も、かたくなにヌードの掲載を拒否して、品位を守ってきたのに、何事か、ということらしい。

 しかし、松井社長は現代における春画の位相をご存知ないのではないか。春画はもはやポルノグラフィーではない。13年に大英博物館でおこなわれた「春画――日本美術の性とたのしみ」は、9万人もの来場者を記録。世界が認める「芸術」なのだ。専門的な研究もあり、「美術手帖」(美術出版社)、「芸術新潮」(新潮社)といった美術専門誌でも特集が組まれている。

 今回、「文春」で松井社長が問題視した当該の記事だって読めば大したことはない。カラーグラビアで掲載されている春画は、喜多川歌麿「歌満くら」、歌川国貞「艶紫娯拾余帖」、葛飾北斎「喜能会之故真通」。どれも、春画を代表する傑作だ。葛飾北斎「喜能会之故真通」は春画に詳しくない人でも一度は見たことがあるかもしれない。

この記事に関する本・雑誌

春画入門 (文春新書)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 百田尚樹『殉愛』の嘘が裁判所で認定! 
2 小池が安倍と手を組み改憲の扇動役に
3 石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
4 植松容疑者は新自由主主義政策と地続き
5 坂本、長野ら巨人選手と暴力団の交際発覚
6 キムタク最大のタブーとは?
7 相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
8 SMAPを殺したのはキムタク
9 雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
10 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
11 林真理子がなんとキムタク批判!
12 酷すぎ!小池百合子も沖縄ヘイト発言
13 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
14 小池百合子は“ネトサポ”の親玉だった
15 反安保発言!長渕剛は右翼か反戦か?
16 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
17 鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
18 中居がキムタクに「納得がいかない」
19 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
20 綾野剛が映画の自主規制と内面化を批判
PR
PR
1石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
2石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
3安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
4米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
5小池百合子は“女性の味方”じゃない!
6相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
7 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
8小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
9「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
10小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
11雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
12自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
13大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
14植松容疑者は新自由主主義政策と地続き
15安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
16改憲勢力2/3に直木賞作家が危機感!
17ポケモンGOで自民党とマスコミの姑息
18酷すぎ!小池百合子も沖縄ヘイト発言
19水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
20小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」