>  >  > 「週刊文春」春画特集で編集長に処分

「週刊文春」が春画特集掲載で「会社の伝統貶めた」と編集長に休養処分! 文藝春秋・松井社長の時代錯誤に唖然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bunshun_151008_top.jpg
「週刊文春」(文藝春秋)2015年8月10日号

 発行部数約70万部、日本で一番売れている週刊誌「週刊文春」(文藝春秋)に大激震が走った。なんと、2015年10月8日号の内容が問題視され、新谷学編集長が3ヵ月間の強制休養を言い渡されたというのだ。

 もしかして、マルコ・ポーロ事件のようなタブーネタに触れてしまったのか? あるいは差別表現で抗議でも受けたのか。それとも、安倍首相や菅官房長官との緊密な関係が噂になっていた新谷編集長のこと、官邸リークで露骨な記事を書きすぎると問題になったのか。業界は一時、騒然となったが、真相はなんとも拍子抜けするものだった。

 原因は、同号に掲載された特集「空前のブーム到来!春画入門」とグラビア「日本美術の粋 めくるめく春画世界への誘い」。そう。春画の記事を載せたことが「けしからん!」と社長の怒りを買ってしまったらしいのだ。

 今日8日、「週刊文春」編集会議の場に松井清人社長自らが姿を現し、編集部員全員に向かって、春画を取り上げたことは文春の品位、伝統を壊すものだと説教。そして、その場で編集長の休養を発表したという。

 松井社長が特に問題視したのは、性器が挿入された局部を載せたということ。ポスト、現代がヘアヌードブームに乗っていた頃も、かたくなにヌードの掲載を拒否して、品位を守ってきたのに、何事か、ということらしい。

 しかし、松井社長は現代における春画の位相をご存知ないのではないか。春画はもはやポルノグラフィーではない。13年に大英博物館でおこなわれた「春画――日本美術の性とたのしみ」は、9万人もの来場者を記録。世界が認める「芸術」なのだ。専門的な研究もあり、「美術手帖」(美術出版社)、「芸術新潮」(新潮社)といった美術専門誌でも特集が組まれている。

 今回、「文春」で松井社長が問題視した当該の記事だって読めば大したことはない。カラーグラビアで掲載されている春画は、喜多川歌麿「歌満くら」、歌川国貞「艶紫娯拾余帖」、葛飾北斎「喜能会之故真通」。どれも、春画を代表する傑作だ。葛飾北斎「喜能会之故真通」は春画に詳しくない人でも一度は見たことがあるかもしれない。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

春画入門 (文春新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
2 大手メディア参院選情勢調査の結果は
3 乙武別居で障碍者への偏見報道が
4 安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
5 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
6 安倍のPR動画パロディを自民党が削除
7 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
8 上原亜衣は? AV女優の引退後
9 安倍も政治資金の公私混同が次々判明
10 20代の半分が童貞?歴史上の偉人も
11 宇野常寛が舛添イジメ批判
12 報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
13 蒼井そらが「AV出演強要逮捕は冤罪」
14 党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
15 護憲派の天皇皇后が安倍政権に危機感
16 菊池桃子の抱く社会への憤り
17 松本人志が16億土地転がしを否定も…
18 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
19 米研究者が沖縄レイプ事件は必然と指摘
20 キムタク最大のタブーとは?
PR
PR
1宇野常寛が舛添イジメ批判
2フジロックに政治を持ち込むなというバカ
3安倍も政治資金の公私混同が次々判明
4安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
5文春が東京五輪を!電通元専務に金
6報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
7議事録改ざん繰り返す安倍政権の危険性
8安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
9NHKディレクターが語る原発報道圧力
10党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
11安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
12生長の家が安倍政権と日本会議を徹底批判
13舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
14百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
15安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
16元北京総局長が「読売は日本の人民日報」
17大手メディア参院選情勢調査の結果は
18日本会議の抱える“後ろめたさ”とは?
19日本企業のタックスヘイブンが激増!
20自民党の地方議員は差別主義者だらけ
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」