「週刊文春」が春画特集掲載で「会社の伝統貶めた」と編集長に休養処分! 文藝春秋・松井社長の時代錯誤に唖然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
bunshun_151008_top.jpg
「週刊文春」(文藝春秋)2015年8月10日号

 発行部数約70万部、日本で一番売れている週刊誌「週刊文春」(文藝春秋)に大激震が走った。なんと、2015年10月8日号の内容が問題視され、新谷学編集長が3ヵ月間の強制休養を言い渡されたというのだ。

 もしかして、マルコ・ポーロ事件のようなタブーネタに触れてしまったのか? あるいは差別表現で抗議でも受けたのか。それとも、安倍首相や菅官房長官との緊密な関係が噂になっていた新谷編集長のこと、官邸リークで露骨な記事を書きすぎると問題になったのか。業界は一時、騒然となったが、真相はなんとも拍子抜けするものだった。

 原因は、同号に掲載された特集「空前のブーム到来!春画入門」とグラビア「日本美術の粋 めくるめく春画世界への誘い」。そう。春画の記事を載せたことが「けしからん!」と社長の怒りを買ってしまったらしいのだ。

 今日8日、「週刊文春」編集会議の場に松井清人社長自らが姿を現し、編集部員全員に向かって、春画を取り上げたことは文春の品位、伝統を壊すものだと説教。そして、その場で編集長の休養を発表したという。

 松井社長が特に問題視したのは、性器が挿入された局部を載せたということ。ポスト、現代がヘアヌードブームに乗っていた頃も、かたくなにヌードの掲載を拒否して、品位を守ってきたのに、何事か、ということらしい。

 しかし、松井社長は現代における春画の位相をご存知ないのではないか。春画はもはやポルノグラフィーではない。13年に大英博物館でおこなわれた「春画――日本美術の性とたのしみ」は、9万人もの来場者を記録。世界が認める「芸術」なのだ。専門的な研究もあり、「美術手帖」(美術出版社)、「芸術新潮」(新潮社)といった美術専門誌でも特集が組まれている。

 今回、「文春」で松井社長が問題視した当該の記事だって読めば大したことはない。カラーグラビアで掲載されている春画は、喜多川歌麿「歌満くら」、歌川国貞「艶紫娯拾余帖」、葛飾北斎「喜能会之故真通」。どれも、春画を代表する傑作だ。葛飾北斎「喜能会之故真通」は春画に詳しくない人でも一度は見たことがあるかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

春画入門 (文春新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
2 ワイドナ「宮崎駿の引退宣言集」はデマ
3 前川証言にも嘘を言い切る菅官房長官語
4 収録済“安倍と籠池コント”がボツに!
5 官邸が前川前次官に直接圧力の事実が
6 安倍が共謀罪にサミット利用しデマ吹聴
7 嵐・松本潤に葵つかさが反撃開始?
8 義家弘介が便宜をビンセンと読み間違い
9 菅に日歯連から3000万円迂回献金
10 前次官会見で田崎スシローが失笑発言
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
13 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
14 官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
15 前川問題で大恥、読売の政権広報紙ぶり
16 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
17 安倍の代弁者・山口敬之のレイプ疑惑を新潮が
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 保守女子座談会で保守オヤジの悪口大会
20 カンニング竹山、村本も共謀罪に反対
PR
PR
1官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
2松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
3文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
4『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄を特集!
5義家弘介が便宜をビンセンと読み間違い
6共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
7安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
8加計学園「総理の意向」文書は本物!
9佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
10文科省前次官の醜聞はやはり官邸の謀略
11加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
12官邸が前川前次官に直接圧力の事実が
13 共謀罪に周防監督らも猛反対の声
14前川問題で大恥、読売の政権広報紙ぶり
16官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
17室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
18加計に利権独占させた安倍政権の手口
19共謀罪強行採決もまだ希望はある!
20室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」