>  >  > 「週刊文春」春画特集で編集長に処分

「週刊文春」が春画特集掲載で「会社の伝統貶めた」と編集長に休養処分! 文藝春秋・松井社長の時代錯誤に唖然

【この記事のキーワード】,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bunshun_151008_top.jpg
「週刊文春」(文藝春秋)2015年8月10日号

 発行部数約70万部、日本で一番売れている週刊誌「週刊文春」(文藝春秋)に大激震が走った。なんと、2015年10月8日号の内容が問題視され、新谷学編集長が3ヵ月間の強制休養を言い渡されたというのだ。

 もしかして、マルコ・ポーロ事件のようなタブーネタに触れてしまったのか? あるいは差別表現で抗議でも受けたのか。それとも、安倍首相や菅官房長官との緊密な関係が噂になっていた新谷編集長のこと、官邸リークで露骨な記事を書きすぎると問題になったのか。業界は一時、騒然となったが、真相はなんとも拍子抜けするものだった。

 原因は、同号に掲載された特集「空前のブーム到来!春画入門」とグラビア「日本美術の粋 めくるめく春画世界への誘い」。そう。春画の記事を載せたことが「けしからん!」と社長の怒りを買ってしまったらしいのだ。

 今日8日、「週刊文春」編集会議の場に松井清人社長自らが姿を現し、編集部員全員に向かって、春画を取り上げたことは文春の品位、伝統を壊すものだと説教。そして、その場で編集長の休養を発表したという。

 松井社長が特に問題視したのは、性器が挿入された局部を載せたということ。ポスト、現代がヘアヌードブームに乗っていた頃も、かたくなにヌードの掲載を拒否して、品位を守ってきたのに、何事か、ということらしい。

 しかし、松井社長は現代における春画の位相をご存知ないのではないか。春画はもはやポルノグラフィーではない。13年に大英博物館でおこなわれた「春画――日本美術の性とたのしみ」は、9万人もの来場者を記録。世界が認める「芸術」なのだ。専門的な研究もあり、「美術手帖」(美術出版社)、「芸術新潮」(新潮社)といった美術専門誌でも特集が組まれている。

 今回、「文春」で松井社長が問題視した当該の記事だって読めば大したことはない。カラーグラビアで掲載されている春画は、喜多川歌麿「歌満くら」、歌川国貞「艶紫娯拾余帖」、葛飾北斎「喜能会之故真通」。どれも、春画を代表する傑作だ。葛飾北斎「喜能会之故真通」は春画に詳しくない人でも一度は見たことがあるかもしれない。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

春画入門 (文春新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
2 舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
3 アイドル刺傷事件で警察の対応に責任
4 明石家さんまが東京五輪開催を批判!
5 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
6 小保方氏の反論手記は真実なのか!
7 創価学会で反安倍、反執行部クーデター
8 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
9 上原亜衣は? AV女優の引退後
10 大森靖子「小6のときレイプされて」
11 沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
12 しのぶとさんまが戦争政策を真っ向批判
13 次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
14 熊本在住の漫画家が川内原発に怒り!
15 能年、広末が出演拒否の過激映画
16 キムタク最大のタブーとは?
17 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
18 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
19 『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
20 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
PR
PR
1東京五輪招致裏金に電通が関与と英紙
2明石家さんまが東京五輪開催を批判!
3沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
4高市早苗が政治資金不正で刑事告発!
5読売新聞がパナマ文書の企業を匿名に!
6ユニクロ柳井、ドンキ安田も税逃れ!
7『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
8東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
9安倍首相がまた「私は立法府の長」発言
10大企業と富裕層に優しい安倍政権の税制
11パナマ文書公開で「合法」キャンペーン
12創価学会で反安倍、反執行部クーデター
13高樹沙耶の大麻解禁公約は間違ってない
14木村太郎のパナマ文書企業擁護がヒドい
15沖縄事件で暴言!報ステ後藤謙次の正体
16次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
17山本太郎「日本会議に負けるな」
18舛添問題で石原良純が挙動不審に!
19安倍の母が過保護発言、昭恵夫人に嫌味
20日本が加害者の戦争映画は作れない?
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」