ヤジを「自席発言」に言い換え…NHKの露骨な“安倍チャンネル”ぶりに批判デモが! メディア内部で進む記者の隷属化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nhk_01_150829.jpg
「NHKオンライン」より


「まあ、いいじゃん。そういうことは」──安倍晋三首相が今月21日、国会審議で中谷元防衛相に詰め寄る蓮舫議員に対し、またしてもお得意のヤジを飛ばした。いかに安倍首相が真面目に審議をやるつもりがないかが如実に現れた発言であり、見過ごすことのできないものだが、今度は、こうした安倍首相のヤジをNHKが「自席発言」と表現したことが大きな問題となっている。

 自分の席から声を発したから「自席発言」。ものは言いようだが、これはSMAPの稲垣吾郎が逮捕されたときにマスコミが連呼した「稲垣メンバー」のようなもので、ある意味、滑稽ささえ漂っている。

 こうしたNHKの露骨な安倍政権へのすり寄りは、どんどんと拍車がかかっている。先月7月15日、衆議院での安保法制強行採決を中継しなかったことには大ブーイングが飛んだが、その後も「法的安定性は関係ない」発言が問題となり、国民から大きな関心が寄せられていた礒崎陽輔首相補佐官の国会招致もNHKは中継なし。

 さらに、安倍首相が戦後70年談話を発表した今月14日の『ニュース7』では、安倍首相にもっとも近い記者といわれる岩田明子記者が談話を大肯定し、解説という名の“安倍首相の代弁”を繰り広げた。その上、当日の深夜に放送された『解説スタジアム』でも、日本の指針に影響を与えた出来事は何かと問われ、安倍首相の「米国での議会演説」と回答。この無批判なヨイショぶりには、ネット上でも「岩田記者は自民党から出馬するつもりなのでは?」という意見が溢れた。

 すっかり「アベチャンネル」に成り下がったNHKへの国民の怒りは、ついに行動に移されている。先月につづき、今月25日にもNHK前ではNHKの報道を批判するデモが開催され、1000人もの人びとが「自主自立を取り戻せ」「政権の広報やめろ」とNHKに声をあげたのだ。

 この日、マイクを握った元NHKプロデューサーで現在武蔵大学教授である永田浩三氏は、70年談話を発表した当日、安倍首相が『ニュースウオッチ9』に生出演したことをこのように批判した。

「42分間、厳しい質問もないわけではありませんでしたが、安倍総理の言いたい放題でした。あの人が、スタジオでコミュニケーションがとれないなんていうのは、誰でも知っていることです。それでもやらせたんです。安倍さんに、ただただ奉仕する、それが今のNHKニュースです」(IWJ掲載スピーチ全文より)

 NHKの“安倍サマ奉仕放送局化”に対する異議の声は、ジャーナリストのあいだでも高まっている。そのひとりが、『報道特集』キャスターでTBS執行役員でもある金平茂紀氏である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

創 2015年 10 月号 [雑誌]

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ヤジを「自席発言」に言い換え…NHKの露骨な“安倍チャンネル”ぶりに批判デモが! メディア内部で進む記者の隷属化のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHKマスコミ水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 横浜市長選で問われる第二の家計問題
2 安倍首相の体調悪化は本当なのか?
3 山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
4 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
5 秋元康がまた女性蔑視!町山も激怒
6 ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
9 フジ特番が触れなかった津山事件の真相
10 中居ジャニーズ残留とキスマイ
11 ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
12 稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
13 自民党HIPHOPポスターに怒りの声
14 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
15 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 前次官会見で田崎スシローが失笑発言
18 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
19 日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
20 産経が「ユダヤ」に全面降伏した理由
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1安倍訪問中止の意図を予定国大使館がRT
2青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
3沖縄いじめの一方、AKB総選挙に国費
4自民党HIPHOPポスターに怒りの声
5閉会中審査で自民党が前川から返り討ち
6室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
7青山繁晴が教祖化、伝説とアート
8室井佑月と小林節が安倍改憲案を批判
9日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
10山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
11坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
12松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
13ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
14稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
15稲田朋美が「普天間返還なし」
16安倍が「男たちの悪巧み」仲間を参与に
17山本地方創生相がお友だちの強制調査に
18松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
19横浜市長選で問われる第二の家計問題
20共謀罪施行、始まっている警察の監視体制
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」