中川政務官以外にも路チュー目撃多数! 国会議員同士のキモすぎる恋愛事件簿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakagawayuko_150317.jpg
農林水産省ホームページより


「週刊新潮」(新潮社)3月12日号に、中川郁子農林水産政務官と門博文衆院議員の路上での“不倫キス写真”が掲載された。中川は2009年に急逝した中川昭一元財務・金融相の未亡人で、12年には夫の地盤を継ぎ衆院議員に初当選、現在2期目を務める。

 今回の一件では当事者二人がともに酒席での軽率な行動だと認めているにもかかわらず、批判のほとんどは妻子持ちの門ではなく、未亡人の中川に集中している。政務官のポストにある中川に対して門はヒラ議員ということもあるのだろうが、それ以上に“女”を主役にしたほうがニュースバリューがあるというメディア側の判断が働いているものと思われる。

 政治家をめぐる恋愛スキャンダルは昔から何度となく繰り返されてきたが、最近ではその様相も変わりつつあるようだ。この記事では、スキャンダルのうち国会議員同士の色恋沙汰に絞って、過去の事例を振り返りながらその変化を見てみたい。

■泥酔大臣が起こした“国会内キス事件”

 じつはいまから67年前にも、“政治家と酒とキス”をめぐり騒動が起きている。しかもこのときの主役は大蔵大臣(いまの財務大臣)という内閣の重職で、現場が路上どころか国会内というから、中川と門の一件がかわいく思えるほどだ。

 騒動が起こったのは終戦直後の1948年12月。ときの首相は、その10月に約1年半ぶりに政権に返り咲いた民主自由党(民自党)の吉田茂だ。吉田は第2次内閣を組むにあたり、蔵相に泉山三六を起用した。泉山は三井銀行の出身で、前年に衆院議員になったばかりの無名の新人だった。しかも吉田がそれまで泉山に会ったことは皆無に等しく、その素性もほとんど知らなかったらしい。いざフタを開けてみれば、泉山は肝心の財政・経済には疎く、答弁も下手で「泉山節」と揶揄される始末だった。民自党内では早くから「泉山は吉田の試行錯誤人事だ」との声もあがっていたという(戸川猪佐武『昭和の宰相(第4巻) 吉田茂と復興への選択』講談社)。そこへ来て騒動が持ち上がった。

 衆議院本会議の行なわれていた12月13日午後、泉山は答弁を終えたのちGHQに赴いた。彼が国会に戻ったのは午後6時すぎ。このとき本会議は休憩中で、閣僚たちは予算案をめぐる与野党間の折衝がほぼかたをついて大臣食堂で祝杯をあげていたという。いまでは考えられないが、当時は国会内の食堂で酒が出ることがあったのだ。泉山も帰るなり飲んでいると、秘書官がやって来て、大蔵委員会の宴会が始まっていると伝えられた。そこで会場の参議院食堂に移動する。

 大蔵委員会の宴会で、泉山は野党・民主党(現在の民主党とは別の党)所属の山下春江と隣り合わせになる。山下は女性に参政権が認められて初めての総選挙(46年)で当選した女性議員のひとりだった。泉山ののちの回想によれば、山下とは初対面ながら打ち解けて盃を交わしているうちに、二人きりで連れ立って席を立ったという。その後の自分の行動を、泉山は次のように書いている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

恋の六法全書 ガールズトークは“罪"ですか?

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

中川政務官以外にも路チュー目撃多数! 国会議員同士のキモすぎる恋愛事件簿のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫中川郁子政治家近藤正高門博文衆の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画